주요 기사 바로가기

韓国、モデルナ受け付け初日に物量は品切れに…ワクチンを十分に確保せず予約から受けた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.13 08:04
0
12日から始まった55~59歳(1962~66年生まれ)の韓国国民352万人余りを対象にした新型コロナ接種予約が物量の早期減少で中断された。韓国政府が対象者数より非常に少ない量のワクチンを確保した中で予約を始め、予約が急増することでこのような事態が発生した。

新型コロナ予防接種対応推進団は12日午後2時ごろ「この日0時から進めた55~59歳年齢層の事前予約を一時中断した」と明らかにした。推進団は当初この日から17日まで予約を進めようとしたが、予約者が急増して14時間で予約を中断した。

この日を基準に韓国のモデルナ製ワクチンの残量は80万7300回分で、40万人程度が打つことができる物量だった。当局は、これに今月中に追加で搬入される予想物量を加えて予約を受けたが、あっという間に全部品切れになった。推進団によると、予約開始15時間半が過ぎた午後3時30分を基準に予約人員は185万人(7月26日~8月7日接種)に達した。

 
チョン・ウンギョン(疾病管理庁長)推進団長は「供給日程が確定された予約物量が一時に締め切られた。本日予約できなかった対象者は追加で予約することができるように案内する」と話した。週間単位で物量が確定するだけに、当局はまだ予約できなかった人々は翌月2~7日に接種する日程で19日から再び予約することができるようにする方針だ。ただし、また物量が足りなければ、一部は50~54歳が接種する際にともに打つ形で日程が先送りされる可能性もある。

疾病庁関係者は「50代予約者がこのようにあっという間に集まるとは思わなかった」としつつも「予約が多少遅れるだけで、接種が遅れるわけではない」と説明した。推進団関係者も「ワクチンの導入には全く問題がない」として「ファイザーとモデルナは契約通りに導入されており、50代740万人が予定された8月21日まで接種することに問題がないだろう」と話した。

だが、55~59歳の接種予約の早期締め切りのせいで50~54歳の対象者の間でも適時に接種できるか懸念の声があがっている。これを受け、推進団は「50~54歳の事前予約および予防接種は当初案内した日程通りに行われる」と話した。7月接種計画によると、50~54歳は今月19~24日事前予約を済ませて来月9~21日に接種する。

50代の間では「ワクチンが人数に合わせて準備ができていない状況で予約を受けたのか。今回予約できなければいつ打てるのか」という苦情が呈された。キムさん(57)は「今日、登山の日程があって明日予約しようとしたが、驚いた」と話した。

韓国、モデルナ受け付け初日に物量は品切れに…ワクチンを十分に確保せず予約から受けた(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、モデルナ受け付け初日に物量は品切れに…ワクチンを十分に確保せず予約から受けた(1)

    2021.07.13 08:04
    뉴스 메뉴 보기
    一部の食堂は臨時休業に入った。
    TOP