주요 기사 바로가기

韓国の前検察総長「文政府、秋法務部長官のように退けば懲戒ないと言って辞任圧迫」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.09 10:39
0
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官のように退けば「懲戒はないこととする」とし、文在寅(ムン・ジェイン)政府から辞任の圧迫を受けたと主張した。京郷(キョンヒャン)新聞は今月7日、尹氏に対して行ったインタビューを9日に報じてこのような内容を伝えた。

尹氏はこのインタビューで、検察を離れた理由について「検捜完剥(検察捜査権完全剥奪)や重大犯罪捜査庁の設立を文在寅大統領の腹心として知られる金慶洙(キム・ギョンス)慶南道(キョンナムド)知事らが決意して推進しているところを見て、検察を離れるほうがよいと判断した」と明らかにした。

尹氏は「総長任期を終えようとしたが、月城(ウォルソン)1号機経済性操作事件に対する非常に大きな圧力に、これ以上残ることができなかった」と話した。白雲揆(ペク・ ウンギュ)前産業通商資源部長官に対する捜査チームの拘束令状請求を裁可し、当時申ヒョン秀(シン・ヒョンス)前民情首席をパッシングしたまま検事長級人事が行われたというのが尹氏側の主張だ。

尹氏はまた、チョ・グク元法務部長官捜査に関連し、文在寅大統領に単独面談を要請したという「開かれた民主党」の金宜謙(キム・ウィギョム)議員の主張も「大統領との単独面談はもちろん、お目にかかりたいという話さえしたことがない」と反論した。

夫人やその母親などの関連疑惑に対しては「法と原則によって誰でも同等な捜査と裁判を受けなければならないという所信があり、家族も例外ではない」という立場を再度明らかにした。ただし「(夫人に対する)さまざまな主張もすでに虚偽事実名誉毀損で大法院(最高裁)で有罪判決が下されたものが多い」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の前検察総長「文政府、秋法務部長官のように退けば懲戒ないと言って辞任圧迫」

    2021.07.09 10:39
    뉴스 메뉴 보기
    尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長
    TOP