주요 기사 바로가기

アストラゼネカ・ヤンセンの血栓原因を見つけた…ヘパリンの副作用と類似するが強力

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.09 08:55
0
アストラゼネカ製とヤンセン製ワクチンの接種後、希少な血栓が発生する方式をカナダ研究チームが究明したと7日(現地時間)、現地メディアのCBCが報じた。

メディアによると、カナダのマックマスター大学研究チームは最近アデノウイルスのベクター(伝達体)ワクチンを接種した後、生成されるワクチン起因性免疫血栓性血小板減少症(VITT)抗体が血小板第4因子(PF4)と結合するという事実を見つけたと明らかにした。このような内容は科学学術誌「ネイチャー」に最近、掲載された。

現在発売しているワクチンの中でアデノウイルスベクター方式を使うワクチンは英国オックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発したワクチンとジョンソン・エンド・ジョンソン系列のヤンセン製ワクチンがある。

研究チームは今回の研究のためにワクチン接種後、血小板減少性血栓症状を見せた5人の血液サンプルと既存のヘパリン(血液凝固防止剤、または血栓治療剤)の副作用によって血小板減少症を体験した10人の血液サンプルを比較した。その結果、2つの事例が類似した方式で発生するという事実を確認した。

すなわち、ワクチンの接種により作られたVITT抗体が人体の血小板たん白質成分であるPF4に独特の方式でくっつくが、この結合が再び免疫複合体を形成して果てしなく凝固が繰り返される悪循環が発生して血栓に発展するという。ヘパリンの副作用もPF4結合が原因だと伝えられている。

ただし、ヘパリンによる血栓よりワクチン接種後「VITT抗体-PF4結合」がさらに強力だという違いはあった。これは、現在まで究明された血栓診断方式が希少な血栓診断には適していないかもしれないという傍証だと研究チームは指摘した。

CBCは、今回の研究で希少な血栓をめぐるミステリーが相当部分解けたが、ワクチン接種後のVITT抗体がどの場合、なぜ形成されるかは明らかにすることができなかったと説明した。ただし、この抗体が標的にしている血小板因子が何かは究明したわけだ。今後希少な血栓の治療や予防に活用されることができる。

今回の研究を率いたアイザック・ナジー教授は「今回の研究を通じて希少な血栓をより簡単に診断し、今後よりさらに安全なワクチンを作ることができることを期待している」と明らかにした。

カナダでアストラゼネカ接種後、希少な血栓は6万人に一人が発生したということが分かった。主に若年層で発病した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アストラゼネカ・ヤンセンの血栓原因を見つけた…ヘパリンの副作用と類似するが強力

    2021.07.09 08:55
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカ(AZ)ワクチン。フリーランサーのキム・ソンテ
    TOP