주요 기사 바로가기

韓国与党「福島汚染水発言、日本極右の論理」…尹氏「これは前外交部長官の昨年の答弁」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.08 08:46
0
韓国与党圏が尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長の「福島汚染水発言」に対して「日本極右勢力の主張」と攻勢すると、尹氏側は「昨年の国政監査での康京和(カン・ギョンファ)外交部長官の答弁を指摘したもの」と説明した。

7日、尹氏側の報道官は「尹氏の『大きく問題視しなかった』という発言は、昨年10月26日の国政監査で外交部長官が日本の汚染水処理が日本の主権的決定事項だと答弁したことを指摘したもの」とコメントを通じて明らかにした。

前日、尹氏は大田(テジョン)KAIST(韓国科学技術院)での懇談会を終えた後、記者団に対して「事実、過去には(福島原発汚染水放流を)大きく問題視しなかった」とし「政治的次元から見る問題ではなく、日本政府や各国協議で人々が疑問を抱かないように国際協力が行われるべき」と述べた。

これについて与党圏が「日本政府の論理と違わない」「原発事故の波及力に対する理解がない発言」としながら集中砲火を浴びせると、尹氏側が火消しに出た。

昨年10月、康前長官は国会の国政監査場で「福島汚染水放出問題は日本政府の主権的決定事項か」という質問に「日本主権領土内で行われる事項なので原則的にそうだ」と答えたことがある。

尹氏側は「(過去に外交部が)問題視しないと発言した後、最近立場を変更して再び問題を指摘して検証を要求するため、日本政府の透明な検証に関する協力を得られないのではないかという指摘」と説明した。あわせて「(尹氏は)今からでも韓国政府が国際社会と協力して日本政府に対して福島汚染水に関する透明な説明と検証を促さなければならないと話した」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党「福島汚染水発言、日本極右の論理」…尹氏「これは前外交部長官の昨年の答弁」

    2021.07.08 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が7日午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)の中華料理店で、野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表とランチミーティングを終えた後、バックブリーフィング場所に移動している。イム・ヒョンドン記者
    TOP