주요 기사 바로가기

韓国最大野党代表も李在明知事を攻撃「親日論議を通した浅はかな分裂政治」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.05 12:13
0
李在明(イ・ジェミョン)京畿(キョンギ)知事の「親日勢力が米国占領軍と合作して支配体制をそのまま維持した」という発言をめぐり、国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)代表は「国民分裂で利益を得ようとする時代遅れの発想」と批判した。

李俊錫代表は5日、党最高位会議で「大韓民国の政府樹立に対して親日勢力との合作だと決めつけたのは非常に不適切だ」として「親日論議を起こして大韓民国の政府樹立自体を貶めようとする試みは国民分裂で政治的利益を得ようとする非常に浅はかな策略」と指摘した。

李代表は「李知事は2017年大統領選出馬の時、李承晩(イ・スンマン)・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の墓地は参拝することができないとし、分裂の政治を本人のアイデンティティとした」として「今回は二人の前職大統領の墓地を参拝しないために最初からすべての大統領の墓地を参拝しないあきれる判断をした」と批判した。李知事は2017年1月、民主党大統領選挙候補として登録した後、ソウル国立顕忠院(ヒョンチュンウォン)を訪れて金泳三(キム・ヨンサム)・金大中(キム・デジュン)元大統領の墓地に参拝したが、李承晩・朴正煕元大統領の墓地には参拝しなかった。

他の野党要人も李知事の「米占領軍」「親日勢力合作」の発言を反論した。国民の力の成一鍾(ソン・イルジョン)議員はこの日、ラジオ番組に出演して「親日残滓をきちんと清算できなかったのは事実だが、(親日問題は)北朝鮮の方がさらに多い」とし、「むしろわが首脳部は李始栄(イ・シヨン)先生、李範ソク(イ・ボムソク)将軍など独立活動家で満たされた」と反論した。ソン議員は「李知事が論議を起こした後、問題になると『極端な反共産主義論争』だとして抜け出ようとするのはとても卑劣なこと」と批判した。

国民の力のキム・グンシク元ビジョン戦略室長もラジオで「米軍を占領軍だと強調するのは非常に浅はかな発想」とし「日本が米国に降参したので日本の支配の下にあったわが国の治安維持と独立を助けるために入ってきた軍隊が米軍」と反論した。

李知事は1日、故郷である慶北安東(キョンブク・アンドン)で李陸史(イ・ユクサ)先生の娘がオクビ女史に会って「大韓民国が他の国の政府樹立の段階とは少し違い、実際は親日清算ができず、親日勢力が米占領軍と合作して再びその支配体制をそのまま維持したのではないか」と発言した。発言が論議を呼んだ後には李知事は「米軍の布告令にも占領軍であることが明示されており、北朝鮮駐在ソ連軍が解放軍だと考えたこともない」として「独立運動を弾圧して日帝に同調していた勢力が大韓民国政府の主な要職を占めたのは周知の事実」と退かなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国最大野党代表も李在明知事を攻撃「親日論議を通した浅はかな分裂政治」

    2021.07.05 12:13
    뉴스 메뉴 보기
    李俊錫代表
    TOP