주요 기사 바로가기

韓国大統領選1・2位走者の歴史観衝突…与野の全面戦に広がる様相

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.05 09:19
0
京畿道(キョンギド)の李在明(イ・ジェミョン)知事の「大韓民国は親日勢力と米占領軍の合作」という発言に対し、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が4日「大韓民国の正統性を否定する勢力が国民の成就(国民が成し遂げたこと)に寄生している」と直撃を加えた。尹氏が李知事を直接攻撃したのは初めてだ。これに対して李知事も直ちに「歴史的事実をわい曲操作した旧態のセッカル(色、理念志向)攻勢」と反撃に出た。8カ月余り後に大統領選を控え、与野党大統領候補1位の間で歴史戦争が点火されたという見方が出ている。

尹氏はこの日午前、フェイスブックに「セルフ歴史わい曲、絶対に容認できない」という題名の文で「光復会長の『米軍は占領軍、ソ連軍は解放軍』という荒唐無けいな妄言を執権勢力次期有力候補の李在明知事も受け継いだ」と記した。あわせて「国政最高責任者である大統領や青瓦台(チョンワデ、大統領府)がどのような立場表明もしていないことのほうが大きな衝撃」としながら「彼らは大韓民国が恥ずかしく汚い誕生の秘密を抱いているかのように語る。国政を掌握して歴史をわい曲し、次の政権まで狙っているあなた方は今何を指向して誰を代表しているのか」とした。

特に尹氏は李知事に対して鋭利な表現をためらわなかった。李知事を「常識を破壊する勢力」であり「歴史の断片だけを浮き彫りにして脈絡を無視する勢力」と規定した。

 
また「国民の成就に寄生」と「大韓民国を誤った理念を追従する国に変貌させようとしている」と批判した。続いて「李知事らの言動はわれわれの未来を削ぐものだ」としながら「理念に酔い、国民意識を引き裂き、苦痛を与えることに反対する。私は歴史と外交に対する冷徹な認識を基に、自由民主主義の価値を守って国際社会と連帯する」と強調した。尹氏側の関係者は「1980年代左翼歴史認識に今も閉じ込められたままの強硬民主党コアグループに対して批判するための趣旨」と伝えた。

李知事の「親日、米占領軍合作」発言は1日、故郷である慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)で李陸史(イ・ユクサ)先生の娘である李沃非(イ・オクビ)氏と会って話を交わす過程で出てきた。当時李知事は「大韓民国が他の国の政府樹立段階とは少し違い、事実は親日清算ができず親日勢力が米占領軍と合作して再びその支配体制をそのまま維持しなかったか」と話した。

李知事はまた「きれいに国が出発できなくて、李陸史詩人のような場合も独立運動を行って獄死したが、今まで十分な歴史的評価や優遇・補償をしたのかも疑問」としながら「そのような面で見れば『国を再び立てる』という考えで新たに出発したらよいだろう」と付け加えた。

これに対して野党圏では「李知事が話した新しい大韓民国は、まさかロシア・中国・北朝鮮と手を握った国を言ったものなのか」〔元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道(チェジュド)知事〕、「李知事が大統領になったら『占領軍在韓米軍』を追い出すのか訊ねたい」〔劉承ミン(ユ・スンミン)元国民の力議員〕など強い反発が出てきた。李知事と党内競争者である丁世均(チョン・セギュン)前首相も「民主党大統領はただの一度もこのような形の不安な発言をしなかった」と話して批判に加勢した。

与野党のはさみ撃ちにも李知事も退かなかった。李知事は4日、フェイスブックに「米軍の布告令にも占領軍であることが明示されていて、李承晩(イ・スンマン)大統領も、金大中(キム・デジュン)大統領も占領軍という表現を公式にした」とし「北朝鮮進駐ソ連軍が解放軍だと考えたこともなく、そのように表現したこともない」とした。続いて「占領軍として進駐した米軍は大韓民国政府樹立後に撤収して韓国戦争(朝鮮戦争)に参戦した後、韓米相互防衛条約によって今まで駐留している」とし「同じ米軍でも時期により占領軍と駐屯軍で法的地位が違うということは法学概論さえ学べば知ることができる」と反論した。

「親日勢力」に対しても、李知事は「独立を邪魔して独立運動を弾圧し、日帝に加担した勢力が大韓民国政府の主な要職を占めたことは周知の事実」としながら「反民特委も彼らによって強制解散しなかったか」と返した。あわせて「(尹氏の)私に対する初めての政治発言が歴史的事実に基づいた私の発言をわい曲操作した旧態セッカル攻撃」と反撃した。

今回の李在明-尹錫悦の正面衝突は使い古された「建国論争」の再演という分析もある。

特に親日勢力が大韓民国政府の樹立を主導したという李知事の発言は、1980年代大学街で流行した『解放戦後史の認識』のような、旬が過ぎた民衆史観の踏襲というのが歴史専門家の批判だ。尹氏らの米占領軍反論も解放空間と韓国戦争以降の米軍を混用していて論点がずれているとの指摘だ。明知(ミョンジ)大学の金衡俊(キム・ヒョンジュン)教授は「左右理念対決の土台を形作っているのが歴史観であるため、大韓民国建国を巡る2つの陣営の攻防は簡単に鎮まることはない」とし「与野党支持率1位候補が直接前に出たため、歴史論争は全面戦争の様相になる可能性が高い」と展望した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領選1・2位走者の歴史観衝突…与野の全面戦に広がる様相

    2021.07.05 09:19
    뉴스 메뉴 보기
    李在明(イ・ジェミョン)氏、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏
    TOP