주요 기사 바로가기

独島住民証発給11年で名誉住民7万人超…うち17人が日本人の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.03 10:00
0
東京オリンピック組織委員会が公式ホームページに独島(ドクト、日本名・竹島)を自国の領土と表記したことに対する批判が続く中、韓国の「独島名誉住民」が初めて7万人時代を迎えた。独島名誉住民証の発給を開始してから11年目(2010年11月開始)だ。独島管理事務所は2日、「5月と6月だけで2144人に発給され、6月末現在の名誉住民は7万474人」と明らかにした。

独島名誉住民になったという意味の名誉住民証の発給は、独島に上陸したり船に乗って独島を1周以上旋回した国内外の訪問客が申請できる。独島名誉住民証は独島領有権を強化するための広報策だ。名誉住民証の外観は一般住民登録証と似ている。横8.5センチ、縦5.4センチの大きさで、鬱陵郡(ウルルングン)長の職印が押されていている。「鬱陵島独島天然保護区域管理条例第11条に基づき発給される」という説明と太極旗(韓国の国旗)、独島の写真が入っている。独島旅客船の乗船券などを独島管理事務所に証明し、インターネットを利用して発給を申請すれば、郵便で独島住民証が送られてくる。費用はかからない。米国・中国・カナダ・フランスなど外国人も独島名誉住民になっている。名誉住民7万人余りのうち1866人が外国人だ。

◆日本人17人にも名誉住民証発給

この中には日本国籍者もいる。今年に入って1人の日本人が独島名誉住民証を受けた。昨年も日本人3人に名誉住民証が発給された。このように2010年11月からこれまで計17人の日本人が独島名誉住民になっている。日本国籍の留学生・交換学生・観光客などと独島管理事務所側は説明した。単純に独島を見るだけでなく、独島領有権についていかなる形であれ認識し、名誉住民になろうとして申請したということだ。独島名誉住民の中には柔道金メダリストのチェ・ミンホさん、バスケット選手のヤン・ヒスンさんなど有名人も少なくない。

最近は独島地図表示問題に加え、本の歴史歪曲問題まで加わり、実際に独島を訪問する人も絶えない。陸地から船に乗って鬱陵島に渡り、また船に長い時間乗って行くことになるが、独島訪問の行列は続いている。

◆5月、6月に独島訪問客が急増

独島管理事務所が訪問客の現況を調査した結果、3月に1243人だった独島訪問客が4月1万1401人、5月2万528人、6月2万287人と急増した。独島管理事務所の関係者は「日本の独島妄言などが訪問客、名誉住民証発給増加などに影響を及ぼしたとみる」と雰囲気を伝えた。

「独島は韓国の領土」という、いわゆる「愛国パフォーマンス」も続いている。独島を行政区域とする慶尚北道(キョンサンブクド)地域の体育関係者はオリンピックの日の先月23日、独島で「旭日旗」が描かれた板を空中で蹴って粉砕した。旭日旗は第2次世界大戦当時に日本軍が使用した軍国主義を象徴する戦犯旗。さらに「竹島」と書かれた板も割った。

俳優キム・ボソンさんらレッドエンゼル応援団は先月28日、独島で「大韓民国の独島でオリンピック国家代表を応援します」と書かれた横断幕と旗を振って力強い応援を見せた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    独島住民証発給11年で名誉住民7万人超…うち17人が日本人の理由

    2021.07.03 10:00
    뉴스 메뉴 보기
    2010年11月から発給している独島(ドクト)名誉住民証 [写真 独島管理事務所]
    TOP