주요 기사 바로가기

日本メディアも尹錫悦氏の出馬に関心…「韓日関係改善に意欲、反文在寅の延長線」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.30 16:45
0
日本の主要紙が30日付朝刊で尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長の大統領選挙出馬宣言内容を大きく取り扱った。特に尹前総長が文在寅(ムン・ジェイン)政権と対立し韓日関係改善に意欲を見せたという点などを詳細に伝えた。ただ尹奉吉(ユン・ボンギル)義士記念館を出馬宣言場所にしたことを挙げて「親日」とは一線を画したとの解釈も出した。

まず日本メディアは、「韓国前検事総長が出馬表明」(日本経済新聞)などの見出しで韓国の新大統領候補が検事総長出身ということに注目した。「世襲政治家」が多い日本では、検察など法曹界、学界、言論界をはじめと他の分野で活動した人が突然首相に挑戦することはほとんど不可能だ。それだけに日本とは違った韓国の政治文化が興味深いという反応が出ている。

また、文在寅政権で韓日関係が悪化しているだけに、韓国の政権交代の可能性と韓日関係改善に注目する様相だ。

◇「韓日関係に前向きな姿勢」

日本最大の日刊紙である読売新聞は世論調査で次期大統領人気トップを走る尹前総長が文在寅政権の対日政策に批判的な立場を見せたと報道した。尹前総長が現在の韓日関係を「回復が不可能なほど悪化した。外交が理念に偏った」と批判したとし、「歴史の真相は明確にしなければならないが、未来世代のためには実用的に協力するべきだ」と関係改善に意欲を見せたと伝えた。

また、強制徴用や慰安婦問題など両国間の懸案をすべてひとつのテーブルにのせて「グランドバーゲン」をする方式でアプローチすべきと言及した内容を紹介した。

しかし同紙は韓日関係に対する尹前総長の立場は「文政権批判の延長線上と言える」と分析し、外交・安保をはじめとする政治経験が不足していることを尹前総長の「弱み」と指摘した。

朝日新聞も尹前総長が文在寅政権と激しく対立したことを強調し、尹前総長が記者会見で「政権交代」という単語を7回も繰り返したと伝えた。また、韓日関係は「理念偏向ではなく現実主義に立脚すべきだ」として文在寅政権の対日外交を批判したと報道した。

毎日新聞も尹前総長が会見で政権交代の必要性を何回も強調し、韓日関係改善にも前向きな姿勢を見せたと説明した。

◇「『反日』批判したが『親日』とも距離置く」

尹前総長が出馬宣言の場所として尹奉吉義士記念館を選んだことに注目した報道もあった。産経新聞は尹奉吉義士が1932年中国・上海で日本軍首脳らに向け手榴弾を投げた人物だと紹介し、尹前総長の場所選択を「『親日』と一線を画す意図もうかがえる」と解釈した。

同紙は「日本との関係を重視する保守政治家は、革新系の与党『共に民主党』陣営から『親日』のレッテルを貼られ、攻撃されてきた」とし、尹前総長は「愛国」を前面に掲げて「親日」とも一線を画す立場を示唆したと伝えた。

30日にテレビ朝日の情報番組に出演したあるパネラーは、尹前総長の韓日関係関連発言を言及し、「韓国政治で親日は人気がない。結局は(尹前総長も)反日に背を向ける可能性がある」との見方を示したりもした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本メディアも尹錫悦氏の出馬に関心…「韓日関係改善に意欲、反文在寅の延長線」

    2021.06.30 16:45
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長が29日、ソウル瑞草区(ソチョグ)の梅軒(メホン)尹奉吉(ユン・ボンギル)義士記念館で大統領選挙出馬に関する記者会見を行っている。
    TOP