주요 기사 바로가기

「ソウル火の海」と脅迫する北朝鮮の長射程砲を防ぐ「アイアンドーム」 韓国が独自開発へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.28 16:01
0
有事の際、首都圏を「火の海」にするという北朝鮮の長射程砲を迎撃する武器体系を韓国国内で開発する。パレスチナのロケット攻撃を防いだイスラエルのアイアンドームを国産化するということだ。

韓国防衛事業庁は28日、徐旭(ソ・ウク)国防部長官が開いた第137回防衛事業推進委員会で「長射程砲迎撃体系事業」を国内の研究開発で推進することを決定した、と明らかにした。

計2兆8900億ウォン(約2830億円)が投入されるこの事業は、北朝鮮の長射程砲と放射砲(ロケット砲)の脅威から国家重要施設と軍事保安施設を守る武器体系を開発するのが目的だ。来年から2035年まで開発する計画だが、防衛事業庁は開発期間を2年以上短縮することを検討している。

これに先立ち国防部は昨年8月の「2021-25年国防中期計画」で、首都圏を脅かす北朝鮮の長射程砲を防ぐ迎撃体系を開発すると発表した。長射程砲迎撃体系は、誘導弾で敵の長射程砲弾やロケット弾を落とすという概念。イスラエルは似た概念の「アイアンドーム」を実戦配備している。

北朝鮮は軍事境界線(MDL)近隣に1000門以上の長射程砲・ロケット砲を配備している。このうち300門以上がソウルと首都圏に向けられている。北朝鮮はこれまでソウルを火の海にすると脅迫してきたが、その手段が長射程砲・放射砲だ。

また防衛事業庁は陸軍が運用中の老朽CH-47D(チヌーク)ヘリコプターに代わる大型機動ヘリコプター約20機を外国から導入することにした。来年から2033年まで1兆2800億ウォンを投入し、垂直離着陸能力のある無人航空機を確保する事業も進めることにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP