주요 기사 바로가기

サムスン追撃に出たアップル、iPhone新製品価格を初めて据え置きか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.28 12:05
0
世界のスマートフォン市場1位に向けたアップルの攻勢が強まっている。これまで非主流市場扱いをしてきた韓国市場でのマーケティング戦略も変わっている。

IT専門メディアのCNETが27日に伝えたところによると、9月17日発売予定の「iPhone13」(仮称)シリーズの価格が前作であるiPhone12シリーズと同じ水準の699~1099ドルで策定されるものとみられる。アップルは2007年に初代iPhoneを発売してから毎年新製品を出すたびに価格を上げてきた。iPhone12も前作であるiPhone11より100ドル引き上げた。

来年上半期には価格を下げたiPhoneが発売されるという見通しも出ている。ITメディアの9to5Macによると、台湾のTFインターナショナル証券アナリストのミンチー・クオ氏は、「6.7インチのiPhoneが900ドル未満で策定され、6.7インチiPhone史上最安値を形成するだろう」と予想した。現在6.7インチモデルのiPhone12ProMaxの発売価格は1099ドルだ。

アップルが価格引き下げに出るのは、高額スマートフォン市場で競争するサムスン電子の価格引き下げの影響が大きい。サムスン電子は1月にフラッグシップモデルである「ギャラクシーS21シリーズ」を発売しながら価格を25万ウォン引き下げた。また、5Gスマートフォン市場でOPPO、vivo、シャオミなど中国企業が低価格攻勢で市場を広げている点もアップルの価格方針の変化に影響を与えたと分析される。

アップルは韓国市場にもどんどん力を入れている。4月からはこれまでに使っていたLG製の携帯電話と引き換えにiPhoneを購入する顧客に下取りを提供している。使っていたLG製携帯電話をアップルが買い取り、その分だけiPhoneの価格を割り引く。先月28日からはこれに追加で15万ウォンの追加補償も支給している。LG製携帯電話を下取りに出しアップルの新製品であるiPhone12とiPhone12ミニを購入した顧客が対象だ。追加補償金は全額アップルが負担するもので、世界で韓国にだけ提供する恩恵だ。

また、アップルは早ければ8月からLGエレクトロニクスのオフラインショップのLGベストショップでiPhoneなどのモバイル製品を販売する予定だ。全国400カ所に展開するLGベストショップでの扱いが始まれば韓国の消費者がiPhoneを簡単に触れて買う機会が増えると期待される。業界ではアップルの韓国市場攻略がサムスン電子の「庭」を揺さぶるものとみている。カウンターポイントリサーチによると、昨年の韓国のスマートフォン市場でのシェアはサムスン電子が65%、アップルが20%、LGエレクトロニクスが13%だ。アップルがLGエレクトロニクスのシェアをすべて奪ったとしてもサムスン電子の半分水準だ。ただ業界関係者は「同じアンドロイドOSを使うLGの需要をアップルが奪うならばサムスン電子のプライドに傷が付く効果がある」と見た。

サムスン電子は守城戦略に苦心している。今年はフラッグシップモデルだった「ギャラクシーノート」を発売しない。代わりに折りたたみスマホの大衆化に乗り出す。ギャラクシーZフォールド3。ギャラクシーZフリップ3などをiPhone13より1カ月早い8月中に発売する予定だ。これと関連して、カウンターポイントリサーチのイ・ドングン研究員は、「新型コロナウイルスの影響でオンライン市場の重要性が大きくなり5Gの割合が拡大しているだけに、コストパフォーマンスの良い5Gスマートフォンを中心にオンラインチャンネルを積極的に攻略する必要がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン追撃に出たアップル、iPhone新製品価格を初めて据え置きか

    2021.06.28 12:05
    뉴스 메뉴 보기
    オランダのIT専門メディア、レッツゴーデジタルが作ったiPhone13のレンダリングイメージ。[写真 レッツゴーデジタル]
    TOP