주요 기사 바로가기

韓国野党大統領候補「『牛の頭』と嘲弄する金正恩を称える文大統領が痛ましい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.25 08:07
0
韓国野党の大統領候補、劉承ミン(ユ・スンミン)国民の力元議員が24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米週刊誌「タイム」のインタビューで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に言及したことに関連し、「一途な思いが本当に痛ましい」と批判した。

劉元議員はこの日、フェイスブックで「北朝鮮は文大統領を『ゆでた牛の頭』『特等の馬鹿』『米国産オウム』と嘲弄したが、文大統領は金正恩を『非常に正直で、熱情的で、強い決断力を持った人』と称えた」とし、このようにコメントした。

劉元議員は「金正恩の正直、情熱、決断力はいったい誰のためのものなのか」とし「北の人民のためのものか、大韓民国の国民のためにしたことか、それとも北の核ミサイルをいうのか」と皮肉った。また「正直という言葉の意味は何か」とし「文大統領は正直の意味をどう考えて金正恩が本当に正直だと話すのか」と問いただした。

劉元議員は「何度も屈辱を受けながら金正恩にハートを飛ばす大統領の姿は、大韓民国の国民として堪忍袋の緒が切れる」とし「過去4年間の派手なショーが終わった今、北の核ミサイルは実在する脅威になったし、開城(ケソン)連絡事務所は爆破され、我々の国民は射殺されて燃やされた」と指摘した。

さらに「6・25韓国戦争(朝鮮戦争)71周年を翌日に控えた今日、我々の大統領の金正恩賛歌に接し、殉国烈士の英霊に面目ない」とし「大韓民国の大統領として国と国民の自尊心を踏みにじらないことを願う」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党大統領候補「『牛の頭』と嘲弄する金正恩を称える文大統領が痛ましい」

    2021.06.25 08:07
    뉴스 메뉴 보기
    国民の力の劉承ミン(ユ・スンミン)元議員 オ・ジョンテク記者
    TOP