주요 기사 바로가기

「東京五輪で感染拡大、天皇も懸念」…新型コロナ、再び増加へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.25 06:38
0
徳仁天皇が東京オリンピック(五輪)開催で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大を懸念していると声が出てきた。皇室業務を担当する宮内庁の西村泰彦長官を通じてだ。

24日、共同通信によると、西村長官はこの日の定例記者会見で東京五輪・パラリンピックに対する天皇の意中に対して「陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変心配されている」とし「開催が感染拡大につながらないか、懸念されていると拝察している」と明らかにした。拝察は特定の情報に従って推し量ることを意味する。

天皇が新型コロナ状況に関連し、五輪開催を心配しているということを西村長官が慎重に間接話法で伝えたものだ。

西村長官は「大会で感染が拡大する事態にならないよう、組織委員会をはじめ連携して感染防止に万全を期していただきたい」と明らかにした。

新型コロナ拡大が続く中で五輪を開催することに対して日本では懸念する世論も無視できないほど大きい。敏感な社会的懸案に対して天皇の意見が流れ出ることは異例だ。

加藤勝信官房長官はこの日の記者会見で、西村長官の発言に対して、「長官自身の考え方を述べられたと承知している」として拡大解釈を警戒した。

一方、日本では24日の新規感染者が1672人と報告された。先月初旬~中旬をピークに減少に転じた日本の一日の感染者数が再び増える兆しを見せている。22日からこの日まで3日連続で、1週間前と比べて新規感染者が増加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「東京五輪で感染拡大、天皇も懸念」…新型コロナ、再び増加へ

    2021.06.25 06:38
    뉴스 메뉴 보기
    東京五輪
    TOP