주요 기사 바로가기

デルタ株より強いデルタ・プラス、日本・米国・中国など9カ国で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.24 08:32
0
インド保健当局が22日、新型コロナウイルスのデルタ(B.1.617)変異株から一段階さらに変異を経た「デルタ・プラス(AY.1)」の感染事例が自国の各地で報告されていると明らかにした。

この日、ロイター通信によると、インドのハルシュ・ヴァルダン保健・家庭福祉大臣は「デルタ・プラス変異株に感染した事例がマハーラーシュトラ州など3州で20件近く確認された」として「インドの他にも米国・英国・ロシア・ポルトガル・スイス・日本・ネパール・中国などでも発見された」と明らかにした。ヴァルダン長官は「デルタ・プラスは従来のデルタより感染力が強いものと予想され、各州で新型コロナ検査とワクチン接種を増やさなければならない」と強調した。

インド保健当局は調査が進められているが、デルタ・プラス変異ウイルスがさらに感染力が強く、肺細胞に簡単にくっついて治療に対する抵抗力がさらに強い可能性があると警告したと英国日刊紙デイリー・ミラーが伝えた。だが、科学者はまだこれを証明できるデータがない状態という立場だ。デルタ・プラスの正確な特性を把握するには追加の研究と観察が必要だ。

デルタ・プラスは3月欧州で初めて発見され、起源調査が進行中だった。インドのエコノミック・タイムズによると、ある保健当局者は「新しい変異株がインドに新型コロナの3次大流行をもたらす恐れもある」と懸念を示した。

専門家はデルタプラスが従来のデルタ株の特性にベータ株(南アフリカ共和国型・B.1.351)とガンマ株(ブラジル型・P.1)に現れた「K417N」突然変異形質が追加されたものと説明する。問題は、この変異株が人体の中和抗体を無力化させたり、回避させたりしてワクチンを無力化する可能性が懸念されるという点だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    デルタ株より強いデルタ・プラス、日本・米国・中国など9カ国で発見

    2021.06.24 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP