주요 기사 바로가기

文大統領に会った米国特別代表、韓国外交部長官も会えなかった日本外務省局長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.24 06:45
0
「一人には白飯だけを与えて、もう一人には豪華な食事を振る舞った」

21日、韓日米の北核首席代表協議のために訪韓した米国務省のソン・キム北朝鮮特別代表と日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長の訪韓を巡り、出てきた言葉だ。米国は歓待して日本は冷遇する任期5年目の文在寅(ムン・ジェイン)政府外交の現住所という評価だ。

キム代表は23日に出国するまでの3泊4日間、慌ただしい日程を消化した。21日は北核首席代表間で行われた協議に相次いで出席した直後、午後には外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官と会った。鄭長官は同日、東南アジア3カ国歴訪で出国を控えていた忙しい日程にも、キム代表との会談のために時間を空けた。

22日午前には統一部の李仁栄(イ・イニョン)長官と崔領ジュン(チェ・ヨンジュン)次官に会ったほか、午後には文在寅大統領を表敬訪問した。

キム代表はその後、駐韓米国大使官邸で韓国外交安保専門家と非公開の懇談会に出席した。ジョー・バイデン大統領の「対北メッセンジャー」役を忠実に果たしたといえる。

反面、船越局長は訪韓期間、特別な動きは捉えられなかった。大統領との会談はもちろん、青瓦台(チョンワデ、大統領府)参謀陣との面談や鄭長官の表敬訪問日程もなかった。幅広い人々と面談を重ねたソン・キム代表と比較すると冷遇されたと感じてもおかしくない状況だった。

外交部はこの日、船越局長が鄭長官と会わなかった理由に対して「相互の日程が合わなかった」と説明した。日本側で会談を望んだのであれば時間を割いてでも場を設けたかもしれないが、当初から要請そのものがなかったという説明も付け加えた。

これに関連し、ある外交消息筋は「今回のことは、2人の客を家に招いておきながら、一人には白飯だけを出し、もう一人には豪華な食事を振る舞ったようなものだ」とし「韓国が今回の協議の主催国であるだけに形式的でも米国と類似の日程を作るのが最低限の礼儀だった」と話した。

最近、韓日関係は慰安婦・強制徴用など歴史問題や独島(トクド、日本名・竹島)領有権紛争の他に、主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を契機とした韓日首脳会談がなかった背景を巡っても対立している。問題はこのような状況がバイデン政府が対北政策推進の主要軸と強調している韓日米協力に悪影響を及ぼしている点だ。韓日ともに米国だけを見て協力を叫ぶ中途半端な共助に転落しかねないからだ。

このような状況を懸念して、米国は当初韓日米共助の強化に先立ち韓日関係改善を仲裁したが、両国間の葛藤の谷は埋められなかった。かえって日本は韓日関係改善を圧迫するバイデン政府に「日米韓協力には十分に同調するが、韓国との関係改善問題までは関与しないでほしい」という趣旨の立場まで伝達したという。

世宗(セジョン)研究所日本研究センターの陳昌洙(チン・チャンス)センター長は「今、韓国はバイデン政府の要求でやむを得ず韓日米協議に乗り出す形式的なジェスチャーを取っているが、実際には米国との協力にすがるばかりだ」とし「韓日ともに米国だけに求愛作戦を行っているため、韓日米協力がいくら強化されても韓日関係の改善につながることは容易ではない状況」と懸念した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領に会った米国特別代表、韓国外交部長官も会えなかった日本外務省局長

    2021.06.24 06:45
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(右)が22日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)でソン・キム北朝鮮特別代表(中央)の面会に先立ち、ロバート・ラプソン駐韓米国代理大使(左)と挨拶している。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP