주요 기사 바로가기

「パク氏はみんな親戚か」…朴仁妃も困惑する米メディアの質問

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.23 13:14
0
「パク選手たちはみんな親戚ですか」。

「ゴルフ女帝」朴仁妃(パク・インビ)は今でも米国メディアのインタビューでよくこうした質問を受けるという。米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで通算21勝を挙げている有名人にもかかわらずだ。現在、LPGAでは朴仁妃のほか、パク・ソンヒョン、アニー・パークらが活躍している。

米ニューヨークタイムズ(NYT)は22日(日本時間)、LPGAアジア選手の経験談から米国社会で見られるアジア系差別について報じた。

朴仁妃はLPGAデビューから14年も経過したが、韓国文化に関する知識不足とはいえ理解しがたい質問を受けると語った。競技を中継するアナウンサーやアンカーが名前を誤って発音することも多い。SNSで正しい発音を知らせているが、誤った発音は続くという。

朴仁妃は3月にアトランタで発生したアジア系連続銃撃事件についても他人事ではなかったと伝えた。事件現場付近でクリーニング店を経営する親戚に電話をかけ、安否を尋ねた。朴仁妃は「そのような事件が発生したのは本当に不幸なこと」と語った。

LPGAでプレーする他の選手たちもアジア系に対する憎悪犯罪のため米国での生活に慎重になったと口をそろえる。通算9勝の崔羅蓮は今年、母を大会に呼ばないことにした。過去には母を連れて大会に参加したが、アジア系憎悪犯罪が続いていて安全が心配されるからだ。

かつて「天才ゴルフ少女」と呼ばれた韓国系米国人ミシェル・ウィーは「なぜ韓国人はゴルフがうまいのか」という米国記者の質問を数えきれないほど受けたという。ミシェル・ウィーは韓国選手を一般化する質問に不快感を感じたが、「韓国人は熱心に練習する」と答えるしかはなかったという。今後は「そのような質問は適切でない」と反論するとし、アジア系に対する差別に積極的に対応する計画を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「パク氏はみんな親戚か」…朴仁妃も困惑する米メディアの質問

    2021.06.23 13:14
    뉴스 메뉴 보기
    崔羅蓮(チェ・ナヨン) チャン・ジニョン記者
    TOP