주요 기사 바로가기

韓国政府「韓米ワーキンググループ、終了検討に合意」 米特別代表「終了ではなく再調整」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.23 07:08
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、「残り任期の間、南北関係や米朝関係を一定の軌道にのせるために可能な役割を果たしていく」と述べた。文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で米国のソン・キム北朝鮮特別代表に会い、「米朝関係改善に成功を収め、韓半島(朝鮮半島)の非核化と平和の定着を成し遂げることができることを願う」と述べたと朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

文大統領は「南北関係の改善と米朝対話が好循環して発展することができるように協力していくべきだ」と強調した。「韓半島運転者論」に要約される自身の北朝鮮政策を10カ月余り残った任期の最後まで続ける意向を明らかにしたと解釈できる。

これに関連して文大統領は「5月の韓米首脳会談は揺るぎない韓米同盟を確認した最高の会談だった」とし「対話と外交を通じて韓半島の完全な非核化を漸進的に解決していくというジョー・バイデン政府の方式が適切だ」と話した。

キム代表は南北間の意味ある対話・関与・協力に対するバイデン大統領の指示を再確認して「米朝対話再開のために最善を尽くす」と答えたと青瓦台は伝えた。

キム代表は文大統領の面会と前後して、統一部の李仁栄(イ・イニョン)長官と徐薫(ソ・フン)国家安保室長に会った。キム代表はこの日夕方、ソウル中区の在韓米国大使官邸で開かれた外交・安保関係者との懇談会で、解体手順に入った「韓米ワーキンググループ」について「ワーキンググループの終了(termination)ではなく再調整(readjustment)」という表現を使った。これに先立ち、この日外交部は報道資料を出して「韓米がワーキンググループを『終了』という方向で検討することで合意した」と明らかにした。

韓米ワーキンググループはトランプ政府時代の2018年11月に南北経済協力事業が制裁に抵触しないように議論するために組織された。制裁免除まで「ワンストップ」議論が可能だという純粋な機能があったが、南北協力の障害物になるという批判も受けた。キム代表がワーキンググループの「終了」ではなく「再調整」という表現を使ったのは、ワーキンググループという看板は外すものの、今後も局長級協議などを通してワーキンググループで扱った制裁問題などを議論するという趣旨だとみられる。これは北朝鮮の意味ある行動変化の前は制裁を維持するべきだという米国の基本立場とも一致している。

これに先立ちキム代表は21日、韓日米の北核首席代表協議の冒頭発言でも「安保理決議をすべての国連加盟国、特に国連安保理理事国が遵守するよう求める」と述べたことがある。

キム代表は韓米合同訓練についても原則的立場を維持したとみられる。懇談会中、ある出席者がキム代表に「北朝鮮との対話のために韓米合同訓練を中止する方案等は考慮しないほうがよく、2つの事案を関連付けないようにしてほしい」という見解を表明すると、これに対してキム代表は反対しなかったという。「今でも合同訓練はすでに縮小された規模で進めているではないか」という趣旨の反応だったということだ。キム代表はワクチン支援など北朝鮮に対する人道的支援分野においては非常に肯定的な反応を示したという。キム代表は人道的支援問題に対して「北朝鮮を対話テーブルに出てこさせるためのインセンティブ次元ではない、北朝鮮住民を対象に純粋に人道的次元として考慮できる」という反応を示したと伝えられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国政府「韓米ワーキンググループ、終了検討に合意」 米特別代表「終了ではなく再調整」

    2021.06.23 07:08
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(右)が22日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)でソン・キム北朝鮮特別代表(中央)の面会に先立ち、ロバート・ラプソン駐韓米国代理大使(左)と挨拶している。[写真 青瓦台写真記者団]
    TOP