주요 기사 바로가기

接種率60%の英国で新規感染者1万人超…韓国の防疫守則緩和に問題はないのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.19 13:52
0
新型コロナワクチン接種が進んでいる英国の防疫状況が尋常でない。一日の新規感染者数がまた1万人を超えた。英国はワクチン接種が急速に進行中で、一時は新規感染者数が1000人台にまで減ったが、現在は2月中旬の状況に戻っている。英国は人口全体のワクチン接種率が60%を超えている。接種率が高まるにつれて封鎖措置を段階別に緩和してきた。しかしデルタ(インド)変異株にワクチン接種効果が十分に表れていないという分析だ。

韓国ではまだデルタ変異株がそれほど広がっていない。しかしワクチン接種率が低い状況で来月から防疫守則の緩和が予定されているため、感染者が増えるという懸念が出ている。当局は主要変異株発生状況に注目している。

◆4カ月前に戻った英国

英国政府は17日(現地時間)、新型コロナ新規感染者数を1万1007人と発表した。2月19日(1万2027人)以来の最多だ。死者は19人だった。英国は年初、新規感染者数が6万8053人まで増えた。しかし強力な封鎖政策とワクチン接種で感染拡大を抑え込んだ。先月は新規感染者数が1000人台にまで落ちた。

すると英国のほとんどの地域で新型コロナ封鎖緩和第3段階が施行された。当時、1回目のワクチン接種率が55%を超えていた。ウェールズ、スコットランド、イングランド地域の場合、室内で最大6人までの集まりが可能になった。それまでレストランやカフェでは飲食ができなかった。屋外の人員制限も地域別に最大30人にまで緩和した。中学校ではマスクも外した。しかし封鎖措置の緩和で感染者は増え始めた。新規感染者数は先月26日が3000人台、28日が4000人台となった。今月に入ってからも大きく増え、また1万人を超えた。21日に予定されていた封鎖措置緩和計画を4週間延期した。

ジョンソン英首相は「もう少し待つのが合理的だ」とし「21日に封鎖を緩和すればウイルスがワクチンを圧倒し、数千人が死亡するかもしれない」と述べた。

◆デルタ変異株が流行中

急激な感染拡大要因にはデルタ変異株の流行が挙げられる。ハンコック英保健相は10日、主要変異株感染状況を調査したところ全体の90%以上がデルタ変異株に感染していることが確認されたと明らかにした。英イングランドの公衆保健局(HPE)によると、デルタ変異株はアルファ(英国)変異株より伝播力が1.5倍ほど高い。デルタ変異株が優勢種となる可能性がある。英国現地ではすでに「第3波」「秋に感染者急増」などと憂慮する声が出ている。

英国はアストラゼネカとファイザーのワクチンを接種している。アワー・ワールド・イン・データによると、全体人口の接種率は61.9%(15日基準)。HPEの調査の結果、アストラゼネカ・ファイザー製ワクチンのデルタ変異株予防効果は1回目の接種だけでは33%という。ワクチンを接種しても新型コロナに感染する「ブレイクスルー感染」の可能性がある。2回目の接種まで終えてこそ予防効果がアストラゼネカは60%、ファイザーは88%に上がる。

◆標本検査でデルタ株感染30人追加

韓国防疫当局はデルタ変異株を主要4種変異株として管理している。中央防疫対策本部によると、6-12日の1週間に韓国国内で追加で確認されたデルタ変異株感染者は30人。海外からの入国者が22人だった。残りの8人は国内感染だ。疫学調査の結果、4人のデルタ株感染者は仁川南洞区の家族・学校集団感染(3人)、仁川空港検疫所(1人)関連の感染者だった。4人はまだ感染経路が不明だ。すべて首都圏の患者で、ソウル(2人)、仁川(1人)、京畿道(1人)だった。

同じ期間、アルファ株(英国)、ベータ株(南アフリカ)、ガンマ株(ブラジル)まで含む主要4種変異株の感染者は226人であり、デルタ株が13.3%を占める。デルタ株よりもアルファ株(226人のうち192人、85%)が多い。

直前の週(5月30日-6月5日)に確認されたデルタ株の感染者数は17人で、4種変異株の感染者175人のうち9.7%だった。1週間で小幅増加した。韓国の新規感染者数は最近500人台だ。

◆7月に社会的距離緩和

しかし現在、1回目のワクチン接種率が27.7%状況(18日0時基準)で、デルタ株が広がれば状況はいつでも深刻化する。韓国政府は来月から新しい社会的距離体系を施行する計画だ。同じ「2段階」でも新しい体系では私的な集まりの許容人員と営業時間が増える。ワクチン接種率が低い若者を中心に感染が憂慮される。嘉泉大学医大のチョン・ジェフン予防医学科教授は「防疫緩和は慎重にするべきだ」と述べた。

翰林大聖心病院の鄭ギ碩(チョン・ギソク)呼吸器内科教授は「防疫守則が緩和されればデルタ変異株などがその隙から入ってくることが心配される」とし「緩和を延期できないのなら初期の対応が何よりも重要だ。緊張が大きく緩むのを防ぐためだ。また、徹底的な変異株のモニタリングが求められる」と強調した。

一方、国立保健研究院は現在、デルタ変異株に対する国産抗体治療薬の効能評価を進めている。分析の結果は今月末に発表される予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP