주요 기사 바로가기

「血栓症問題のAZ・ヤンセン、接種50歳以上に引き上げるべき」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 17:04
0
韓国でアストラゼネカ(AZ)社の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを接種した後、「血小板減少性血栓症(TTS)」診断を受けて死亡した事例が初めて確認され、ウイルスベクターワクチンであるAZとヤンセンワクチンの接種年齢を引き上げるべきだという声が高まっている。

新型コロナ予防接種対応推進団(推進団)は残余ワクチン予約を通じてAZワクチンを接種した30代初めの男性がTTS判定を受けた後死亡したと16日、明らかにした。欧州医薬品庁(EMA)と韓国はTTSをAZワクチンの異常反応と認定している。一般血栓症と違い、血小板の減少を伴った脳静脈洞血栓症・内臓静脈血栓症などとして現れる。

EMAは今年4月、TTSをAZワクチンの希少副作用事例に分類したが、ワクチン接種による利益が副作用発生の危険よりも大きいとして接種を勧告した。年齢基準は国ごとに異なる。英国は30歳未満は別のワクチンを接種するよう勧告しているほか、フランスは55歳未満は使用を中断した。スペインの場合、60~64歳を接種対象としている。

ソウル大学医大医療管理学のキム・ユン教授は「わが国はAZとヤンセンの他にファイザー、モデルナ、ノババックスなどのワクチンをすでに確保している。40代以下には他のワクチンを接種するようにし、AZとヤンセンは50代以上が打つことができるように接種年齢を調整しなければならない」と話した。

疾病管理庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長は17日、「予防接種効果まで総合的に分析し、危険と利益、全般的な(ワクチン)需給状況を考慮して専門家の諮問を受け、予防接種専門委員会の審議を経てアップデートを続けている状況だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP