주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】「米国が外交に注ぐ熱意を学ぶべき」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 15:46
0
バイデン氏が当選した当時、ワシントンは「外交の達人」大統領が登場すると歓迎した。バイデン氏は上院議員在職36年の間、外交委員長を含めて外交委で長期間活動し、副大統領の8年間は対外政策に深く関与した。外交経験がある候補の大統領当選は1989年のジョージ・H・W・ブッシュ以来およそ30年ぶりだった。どう変わるか気になっていたが、就任後の最初の海外訪問を見てバイデン政権の外交力を実感した。

7泊8日の欧州訪問日程は有機的に連結されているだけでなく叙事があった。目標は具体的であり、メッセージの伝達は効果的だった。バイデン氏が明らかにした目標は「同盟を強化し、欧州と米国が強固な関係であることをプーチン(ロシア大統領)と中国にはっきりと見せること」だった。「米国が帰ってきた」と演説し、努めて「インサイダー」らしく行動した。

最も近い同盟であり道徳的価値を共有する主要7カ国(G7)首脳会議を最初の日程に設定した。「考えが似ている」G7を説得し、共同宣言文に初めて中国に圧力を加える文言を入れた。日本が抜けたG6が英国からベルギーに渡り、NATO(北大西洋条約機構)首脳会議を開いた。NATO30カ国も共同宣言で初めて中国を「同盟が共に解決すべき挑戦」とした。

欧州連合(EU)との首脳会議で古くからの通商紛争を一部解消した。同盟内で葛藤するのではなく、協力して中国に対応すべきだという背景説明があった。3つの行事を通じて中国に向けた包囲網を構築した。同盟を糾合して中国を牽制し、米中競争で優位に立つという戦略を実現するための第一歩を踏み出したのだ。

そしてジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の表現のように「追い風を受けて」ロシアとの談判に入った。同盟数十カ国を背にしたバイデン氏が「一人」でプーチン露大統領を相手にする構図が組まれた。細部的には欧州国家すべてが全面的にバイデン氏に賛成しているわけではない。中国を眺める視点が米国とは異なるという声も出てきた。トランプ前大統領時代に激動の4年を送った欧州がバイデン氏に歓迎の贈り物を渡した側面もある。バイデン氏も誠意を見せた。1週間に会った首脳級指導者は21人を超える。

同じ期間、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も欧州3カ国を訪問した。修交を記念し、共に食事をし、文化を探訪し、友情を深めるのも外交の役割だ。しかし文大統領が韓米首脳会談後に書いたように「我々よりはるかに大きく強い国だが、彼らが外交に注ぐ熱意は我々が学ぶべき点」だ。

パク・ヒョンヨン/ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP