주요 기사 바로가기

一発で石器時代に戻る…「北朝鮮、米国も防げないEMP爆弾完成」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 08:31
0
北朝鮮が超強力EMP(電磁パルス)爆弾の開発にすでに成功したという分析が出ている。爆発の威力は米国も防げないレベルで、米軍は最近、対策の準備に入った。

米議会の諮問団体「国家-国土安全保障に対するEMP対策委員会」の事務局長ビンセント・プライ博士は「北朝鮮はすでに超強力EMP弾の開発を完了した」と評価した。6日に公開した「北朝鮮のEMP脅威評価報告書」でだ。

EMP弾は強力な電磁波で地上の電子機器内部の回路を焼いてしまう攻撃武器で、現代文明を一瞬にして石器時代に戻すことができる。核爆発方式(NEMP)と通常方式(NNEMP)で可能だ。

EMP攻撃を受けた電子機器の内部の回路は完全に焼けてしまうため復旧する方法が全くない。容易に敵の指揮統制体系と防空網を無力化できる武器だ。特殊な有蓋施設だけがEMP攻撃を防ぐことができる。

プライ博士は「北朝鮮はすでに核分裂方式(NEMP)EMP系列の中でもロシアの技術を借用した超強力EMP武器(Super EMP Weapons)力量を確保した」と報告書に明示した。プライ博士は米中央情報局でロシア分析官を務めていた。

報告書はロシアの技術が北朝鮮に渡った状況を指摘した。2004年に米議会が敵性国のEMP力量評価と防御のために設置した「EMP委員会」で関連証言が出てきた。プライ博士も当時、委員会の一員として調査に参加した。

ロシアのEMP弾開発に関与した2人の将軍が「ロシアのEMP弾技術が北朝鮮に流れた」とし「北朝鮮が数年以内に武器体系を完成する可能性が高く、深刻な脅威になるかもしれない」と警告した部分を報告書で公開した。

ジェームズ・ウルジー元中央情報局(CIA)長官も2014年の議会報告書で「ロシアが2004年から北朝鮮のEMP弾開発を支援した」と指摘した。

ロシアの技術は北朝鮮に少なからず役に立ったという評価だ。さらに弾道ミサイルは大気圏に再進入する際に高熱を耐える必要があるが、北朝鮮は関連技術の確保に困難がある。EMP爆弾は再進入前に爆発しても十分に効果を得る。直接的な人命殺傷もなく、核兵器の使用より負担も少ない。

北朝鮮の労働新聞は2017年9月、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が核兵器研究所を訪問して水素弾を視察したと伝えながら「戦略的な目的によって高空で爆発させて広大な地域に超強力EMP攻撃まで加えることができる」と報じた。

2015年に韓国技術研究所は、100キロトン(1キロトンはTNT1000トンの威力)の核爆弾をソウル上空100キロで爆発させれば、韓半島(朝鮮半島)と周辺国のすべての電子機器を破壊できるという分析結果を発表した。韓国だけでなく米軍にも脅威という評価だ。報告書は北朝鮮が開発した超強力EMP弾は単位面積(平方メートル)あたり100キロボルト以上の出力を作ることができると推定した。現在、米軍施設は単位面積(平方メートル)あたり50キロボルトを超過する攻撃を防ぐことができない。

報告書は北朝鮮が旧ソ連時代に開発されていた軌道爆弾(FOBS)を開発したと評価した。衛星爆弾とも呼ばれる軌道爆弾は、地球の低軌道で飛行しながら特定目標を打撃する。現在、米国はこれに対応できる早期警報体系を保有していない。

北朝鮮が米国を攻撃する場合、高度400キロの上空から核爆弾爆発で米国全域にEMP効果を及ぼすことができる。

米軍は最近、対策の準備に入った。米空軍は3月、予算1650万ドル(約18億2000万円)を投入し、初めてEMP攻撃に対する補完調査を依頼する事業を始めた。

これに先立ちトランプ前大統領が在任中の2019年3月にも大統領行政命令で「敵性国のEMP攻撃に対する国家的基幹施設防御対策」を初めて指示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    一発で石器時代に戻る…「北朝鮮、米国も防げないEMP爆弾完成」

    2021.06.18 08:31
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の短距離弾道ミサイル(左)とロシアのイスカンデル移動式短距離弾道ミサイルは外形が非常に似ている。中央フォト
    TOP