주요 기사 바로가기

韓経:日本で韓国製KF94マスクが人気…品薄になると中国製偽物が猛威

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.18 07:39
0
日本オンラインショップで韓国製KF94マスクが人気を呼びながら「偽物」商品が猛威を振るっている。これを見かねた駐日韓国大使館が楽天やアマゾン、楽天など大型ECサイトに対して対応に出た。

17日、日本流通業界によると、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が拡大して以降、日本でKF94マスクの販売量が増えている。新型コロナ初期防疫に失敗した日本で韓国は防疫模範国として、KF94マスクは「K防疫」の代表商品と認められているためだ。

マスクを工業製品に分類している日本で、性能を認証する制度がない点もKF94が人気を集めている理由に挙げられる。韓国はマスクを医療用品として扱い、食品医薬品安全処が品質を認証している。食品医薬品安全処の承認を受けた製品は「医薬外品」というマークとともに「KF94」と表記することができる。

KF94は黄砂や粒子状物質の粒子を94%以上遮断することができるという意味だ。日本消費者はこれをコロナウイルスを遮断するマスクとして認識する。

問題は主要ECサイトで安さを前面に出した模造品がKF94マスクの“ふり”をしているという点だ。日本ECサイトではKF94認証を受けていないにも関わらず「KF94」「韓国製」を売り文句に掲げた中国製マスクが数十種類検索にひっかかる。KF94としながら中国の証明書を提示している販売者もいる。

日本で30年以上貿易業を行ってきた巨山ジャパンの李淳培(イ・スンベ)社長は「安さのためにサイト上段に配置される製品の相当数が中国製の模造品」と話した。該当サイトの商品コメント欄にも「KF94という説明を見て購入したところ中国製の低質マスクが配送されてきた」という抗議文が絶えない。

偽物を放置すれば正規商品を作る企業だけでなく、KF94のブランド信頼度にも悪影響を及ぼすという指摘が出る。韓国企業の被害事例が相次ぐと、駐日韓国大使館と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は最近、関係機関協議会を開いて大型ECサイトに正式に問題を提起した。ECサイトは韓国大使館の問題提起を受け入れて一部の模造品の販売を遮断した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP