주요 기사 바로가기

米ノババックス製ワクチン、有効性90.4%…韓国、2000万人分導入予定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.15 08:12
0
米国製薬会社ノババックスは14日(現地時間)、自社が開発した新型コロナワクチンが大規模の臨床で90.4%の有効性を見せたと明らかにした。

ニューヨークタイムズ(NYT)など外信によると、ノババックスは米国とメキシコで18歳以上の男女約3万人を対象にした第3相試験でこのような結果が得られたと発表した。1月、ノババックスは英国で1万5000人を対象にした実験で96%の効果があると発表したことがある。

これに先立って、米国で緊急使用承認を得たファイザー-バイオンテックとモデルナの有効性(それぞれ91%、94%)には及ばなかった。最後に承認を得たヤンセンの72%有効率よりは高い。

ノババックスはこのワクチンの重症感染有効率は100%で、英国で初めて発見されたアルファ変異ウイルスに対する有効率は93%となったと説明した。その他に、把握が難しい変異株に対しても70%の有効率を見せたとノババックス側は明らかにした。

今回の最終臨床に投入された参加者の中で3分の2は3週間の間隔を空け2回打ち、残りの3分の1は違約を投与された。参加者の中で77人が新型コロナに感染し、その中のワクチン接種者は14人だった。病院に入院するほどの重症患者や死亡者はいなかった。

ノババックスは予備資料を通じて自社のワクチンの安定性を確認したと強調し、今年9月末までに米国、欧州などで緊急使用を申し込む予定だと明らかにした。

ノババックスは3週間を空け2回注射する。超低温で保管しなければならないファイザー製ワクチンとは違い、2~8度の一般冷蔵庫温度にも保管できるというのが長所だ。特に、比較的に医療環境が劣悪な国に役立つものとみられる。

ノババックスのスタンリー・アーク最高経営責任者(CEO)は米国18歳以上の男女65%が少なくとも1回以上ワクチンを接種した状況で、ノババックスの初期生産物量は中・小所得国家に戻るだろうとAP通信に明らかにした。

韓国はノババックス製ワクチン2000万人分(4000万回分)を確保し、今年7-9月期内に最大1000万人分を導入する予定だ。SKバイオサイエンスは昨年8月ノババックスとワクチン委託開発・生産(CDMO)契約を締結した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米ノババックス製ワクチン、有効性90.4%…韓国、2000万人分導入予定

    2021.06.15 08:12
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナワクチン
    TOP