주요 기사 바로가기

【コラム】一度も経験したことがないワクチンの副作用=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.11 11:27
0
オーストリア・ウィーンの総合病院で勤務していたハンガリー出身の産婦人科医師フィリップ・ゼンメルワイスは1847年、医師らに手術の前には手を洗おうと提案し、病院から追い出された。当時、妊婦5人のうち1人の割合で産褥熱に感染して息を引き取った。ゼンメルワイスは綿密な観察と研究の末、産褥熱が遺体室と分娩室を行き来した医師らによって感染するという事実を知った。しかしこれに基づいて提案した「手洗い予防法」は徹底的に無視された。当時の医療界では、感染病は水や直接接触でなく悪い空気を通じて伝播するという瘴気説(miasma theory)を強く信じていたからだ。しかもゼンメルワイスの解決策に応じれば、産褥熱は医療関係者の過失と認めることになった。怒った同僚によって病院から追放されたゼンメルワイスは精神病院で寂しい余生を終えることになった(スティーブン・ジョンソン『私たちはどうやってここまできたのか』)。

医学は新しい類型の感染病に向き合うたびに苦戦した。時には迷信に近いことを治療法として堂々と行った。コロンブスが南米大陸を発見した後、欧州に梅毒が入って急速に広がると、当時の医療関係者は水銀を治療剤として使用したりもした。初めて接する病原体に対処しながら当代の医療知識レベルを盲信して他の可能性を遮断し、災難的な結果を招いたりした。

現代医学も変わらない。現在の新型コロナワクチンの副作用に対する防疫当局の対処をみると、こうした「黒歴史」の影がちらつく。ワクチンを接種して生じた平凡でない異常反応に「因果性なし」判断をあまりにも堂々と乱発しているからだ。

京畿道安養(アンヤン)の病院で作業療法士として勤務していたキムさん(26)は3月4日、アストラゼネカ製ワクチンを接種して四肢麻痺が生じた。麻痺が激しくなり、何度か救急室に運ばれて入院したりもした。病院で受けた診断名は急性横断性脊髄炎とギラン・バレー症候群。しかしキムさんの事例を審議した予防接種被害補償専門委員会は11日、予防接種との因果性を認めがたいケースに分類し、補償申請を棄却した。通知書にはただ、ワクチン接種と時間的関連性が低く、ワクチンよりは他の可能性が高いと判断した、という理由が書かれていた。

昨日まで国内では約1000万人がワクチンの1回目の接種を終えた。接種後の発熱や痛み、過敏免疫反応(アナフィラキシー)を除いて、死亡したり重症異常反応が表れたという申告は400件を超える。保健当局はこのうち370件について審議し、わずか3件だけ因果性を認めた。さらに死亡したケースで因果性を認めた事例はない。因果性が認められた事例をみると、欧州連合医薬品庁(EMA)が4月に「非常にまれな副反応」に含めた、血小板減少を伴う血栓症と脳静脈洞血栓症が1件ずつだ。残りの1件は、接種後に汗が出ながらけいれんし、血圧が急激に落ちた事例だ。要するに、外国で認められた事例でなければ認めようとしないということだ。感染病専門家は、脳脊髄炎や血小板の減少がない血栓症など他のワクチンで確認された副作用も、コロナワクチンの場合、海外で見られなかったという理由で除くと指摘する。外国の薬を韓国で使用しながら、韓国で初めて表れた副作用は認めないということだ。因果性がないという理由を詳細に説明することもない。作業療法士のキムさんの父は「他の可能性が何であるか説明すべきではないのか」と訴えている。

このような事例が徐々に増えている。健康だった50代の警察官がワクチン接種後に胸の痛みを訴えて半月後に死亡したり、ワクチンを接種した80代の兄妹が一日置いて死亡したが、一様に「因果性なし」で済ませている。国民の批判が強まると、政府は先月、因果性が認められない事例のうち根拠が不明な場合に限り1000万ウォン(約100万円)限度で緊急治療費を出すと明らかにした。しかしその後に救済を受けた事例は、接種後に四肢麻痺が生じた40代の女性看護師を含めてわずか6件だけだ。

科学で最もよく接する問題が因果関係と前後関係を区別することだ。ところが因果関係はほとんどが頻繁に起こる前後関係から類推して証明する過程を踏む。こうした可能性に目を閉じて耳をふさぐことこそが非科学的だ。異常反応を申告すればすべて補償しようということではない。しかし少なくとも防疫当局と専門医が明確に別の理由を説明できないのなら、少なくとも最小限の治療は国が責任を負うべきではないだろうか。一度も経験したことがないウイルスとワクチン、その副作用に対処する姿勢はもう少し柔軟になる必要がある。

チェ・ヒョンチョル/政策ディレクター

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP