주요 기사 바로가기

米サンダンス映画祭に招待された金正男氏素材の映画、韓国映画振興委員会はなぜ芸術映画に認めないのか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.11 10:57
0
韓国映画振興委員会が金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺事件を素材にしたドキュメンタリー映画『わたしは金正男を殺してない』を芸術映画と認めなかったが、実際世界的な権威のある独立映画祭「米国サンダンス映画祭」はこの作品を招待して「北朝鮮の顔色を伺っている」という指摘が出ている。

10日、国会文化体育観光委員会所属国民の力のキム・スンス議員室が映画振興員会に提出を依頼した「2017~2021芸術映画不認定の理由」の資料によると、映画『わたしは金正男を殺してない』は先月映画振興委員会から芸術映画不認定の通知を受けた。映画振興委員会は該当映画に対して「映画的に作品が独創性があり、または優れた美学的価値を有していると見にくいということから審査基準に該当しない」と評価した。

『わたしは金正男を殺してない』は2017年2月、マレーシア・クアラルンプール国際空港でベトナム女性とインドネシア女性が毒劇物で金正男氏を殺害した事件を再構成して扱ったドキュメンタリー映画だ。金正男氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の異母兄だ。『わたしは金正男を殺してない』は2014年第30回サンダンス映画祭で他の映画で監督賞を受けたライアン・ホワイト監督が演出して米国制作会社が制作を手がけた。

芸術映画に認められることができなければ、芸術映画専用上映館で上映が難しい。もちろん、一般劇場で上映は可能だが、低予算のインディペンデント系映画の場合、大型配給会社と制作会社が広報する商業映画より上映館の確保が容易ではない。このため、輸入・共同配給会社The Coupやワッチャ、提供会社KTHは「不認定の理由と明確な審査基準を公開してほしい」と要求してきた。

キム・スンス議員室が確保した資料によると、映画振興委員会は去る2017年から6月現在まで計400件の映画に対して芸術映画不認定を通知した。配給会社側は「『わたしは金正男を殺してない』は昨年サンダンス映画祭で初公開され、センセーションを引き起こした作品で、評壇と大衆両方から作品性で好評されたウェルメイドのドキュメンタリー」として審査基準に疑問を提起している。

政界では「北朝鮮の顔色を伺うのか」という指摘も出た。キム・スンス議員は「金日成(キム・イルソン)主席の回顧録は許可し、映画『わたしは金正男を殺してない』は(芸術映画ではないから)ダメだというのは芸術の自律性と独立性を侵害したこと」とし「文在寅(ムン・ジェイン)政府が文化芸術でも北朝鮮の顔色を伺ってダブルスタンダードで判断しているのではないか」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米サンダンス映画祭に招待された金正男氏素材の映画、韓国映画振興委員会はなぜ芸術映画に認めないのか

    2021.06.11 10:57
    뉴스 메뉴 보기
    映画『わたしは金正男を殺してない』のポスター
    TOP