주요 기사 바로가기

ミャンマー、結局内戦化か…市民軍に包囲された軍警80人死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.11 09:53
0
クーデターを起こしたミャンマー軍と市民の対立事態が長期化する中で、各地でゲリラ戦が頻発している。国民統合政府(NUG)が市民防衛軍(PDF)を創設し、軍部に対して戦争を予告した中で、地域の武装団体や武装した市民の反撃水準も強まって軍警側の被害も大きくなっている。9日(現地時間)、現地メディア「イラワジ」によると、最近カヤ州デモソで市民抵抗軍カレンニー国民防衛軍(KNDF)と軍警の銃撃戦が起こり、鎮圧兵が少なくとも80人死亡した。7日、KNDFはデモソに進軍した約150人の軍兵力と戦った。KNDF側は7名が負傷したと発表した。

イラワジによると、この日軍は村の入口で歩哨に立っていた民間人に向かって銃撃を加えた。すると抵抗軍が現れて軍人を包囲した後、攻撃して軍に莫大な被害を与えた。KNDF関係者は「この日午後5時までに80人以上の軍人が死亡したことが確認され、軍は報復措置としてジェット機やヘリコプターを動員してこの地域を空襲している」と伝えた。ある女性抵抗軍は「われわれは8日朝に死亡した軍人から20~30丁の銃と弾倉を押収した」と話した。

軍は報復空襲として少なくとも6発の砲弾を投下した。空襲を避けて地域民10万人が避難したと伝えられた。

デモソにおけるKNDFと軍警の戦闘は先月21日に最初の衝突があって以来、次第に拡大している。先週、KNDFの前身であるカレンニー市民抵抗軍(KPDF)はデモソとシャン州モエベェルにある警察署を攻撃し、40人以上の軍と警察を射殺した。その後、KPDFは他の抵抗団体と統合してKNDFを創設した。

国民統合政府側は軍部に対して「戦争を準備している」と予告した。10日、フロンティアミャンマーによると、5日、NUGのキン・マ・マ・ミョ氏は「先月5日に創設したPDFが戦争を準備している」とし「適正な時期に国民統合政府次元の戦闘を始める」と明らかにした。韓国に居住するミャンマー市民活動家はこれに関連して「武器が引き続き都心に入っていると聞いた」と中央日報に伝えた。

ミャンマー軍部は自宅軟禁中のアウン・サン・スー・チー前国家顧問に腐敗容疑を追加して起訴した。10日、ミャンマー官営メディア「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー」はスー・チー氏が慈善財団の土地と建物を借りる過程で地位を利用して腐敗を犯した容疑で追加起訴されたと報じた。スー・チー氏は軍部から7件の犯罪容疑で起訴された状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP