주요 기사 바로가기

柳好貞議員「BTSファン、政治的単語を否定的に考えたようだ…申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.10 14:30
0
タトゥー業合法化法案を伝えながら「BTS(防弾少年団)の体から絆創膏を取れ」とSNSに投稿した韓国野党「正義党」柳好貞(リュ・ホジョン)議員が「アーティストを政治的に利用するな」というファンに対して「申し訳ない」と陳謝した。ただし、BTSメンバーのジョングクの写真を削除することに関連しては「さまざまな意見がある」として即答を避けた。

柳議員は10日、MBCラジオ番組『キム・ジョンベの視線集中』とのインタビューで「有名芸能人が放送に出演する時にタトゥーを包帯や絆創膏で隠す理由は、タトゥーが不法であるためということを知った。それが嫌だった」とBTSに言及した理由を説明した。

柳議員は「私がARMY(BTSファンクラブ)として資格が付与されるくらい何か活動をしてきたわけではないが、それでもBTSを応援するファンとして彼らの芸術的表現の行為が制約されるのが嫌だった」と話した。これに対して司会者が「あなたもARMYか。会員か」と尋ねると、柳議員は「会員ではなく、何か言えるほどの活動をしたわけではない」と答えた。

柳議員は「ジョングクのタトゥーをなぜ隠すのかと放送局に抗議するファンもいたと承知している」とし「タトゥーにファンクラブの名前など大切なことが彫られているので、タトゥー自体を大切に思うファンも多くいると理解している」とした。あわせて「ただし、政治的という単語を否定的に考えているようだ」とし「政治家がこれまで信頼を築くことができなかった結果だと思うと申し訳なかった」とした。

BTSファンの中にもタトゥーを隠すことは止めようという柳議員の意見に同調する者がいるが、政治家に対する不信でアーティストが政治的に利用されることに反発したようだという趣旨だ。

柳議員は「大衆的な内容で法案を知らせたかったが、傷ついた方々がいるならお詫び申し上げたい」と話した。ただし、写真に関連しては「さまざまな意見がある状態」とし、すぐに削除する計画はないという立場を遠回しに明らかにした。

柳議員はまた「一方でDM(ダイレクトメッセージ)でアーティストのタトゥーは素晴らしいが、韓国に来ると偏見のせいで隠されてしまうのは残念とし、アーティストの個性がよく表現されるように願うと応援するファンもいた」とし「そのような意味でタトゥー業法に対して説明する機会を与えてほしい」と話した。

柳議員は発議要件の10人の国会議員の同意を得て、この日中でタトゥー業法を発議する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    柳好貞議員「BTSファン、政治的単語を否定的に考えたようだ…申し訳ない」

    2021.06.10 14:30
    뉴스 메뉴 보기
    韓国野党「正義党」柳好貞(リュ・ホジョン)議員が1日、ソウル汝矣島(ヨイド)国会で開かれた議員総会に出席して任期1年を迎えて所感を伝えている。オ・ジョンテク記者
    TOP