주요 기사 바로가기

韓国光州で建物崩壊惨事、9人死亡…5階建物が揺れたと思った瞬間バスを襲った

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.10 07:02
0
韓国南西部の光州(クァンジュ)広域市で撤去中だった建物が崩壊し、往復6車線の道路脇停留所に停まっていた54番市内バスを襲い、9人が死亡・8人がけがをする事故が発生した。

「戦争が起きたような音が聞こえてきたので外に出てみると、(崩壊した)5階建て建物の破片が一瞬で道路を覆った」

9日午後4時22分ごろ、光州市東区鶴洞(トング・ハクトン)の住宅再開発事業が進められていた建物撤去工事の現場。ここで5階建て建物が崩壊した状況を目撃した近隣住民が緊迫した当時の状況を伝えた。

この住民は「轟音が響くとあっという間に建物が崩れ、土埃と建物の破片で道路をまともに見ることすらできなかった」と話した。建物崩壊当時、反対側車線にいた別の目撃者Aさんは、中央日報の電話取材に対して「建物が揺れていると思ったら、突然崩れてそのままバスを覆った」と話した。建物崩壊直後、車両が建物の残骸を避けながら行き交う様子はさながら曲芸のようだった。

建物が崩壊した道路の向い側のバス停留所も飛び散った破片や振動のせいで、ところどころ窓ガラスが破損していた。当時の事故現場の様子が映された防犯カメラを見てみると、市内バスが乗客を乗せようと停留場に停まっているとき建物があっという間に崩れてバスを覆った。道路を走行中だった乗用車1台が建物が崩壊する瞬間に停車し、間一髪で惨事を避ける状況もカメラに収められていた。

市内バスは建物崩壊の衝撃で押しつぶされ、黄色い外観の一部だけを確認できる状況だ。消防隊員は市内バス運転席側を通じて乗客を救助した。この事故で9人が亡くなり、救助された8人は全員重傷を負って光州キリスト病院や朝鮮大病院などに緊急後送された。

◆60代女性乗客「もうすぐ着くから会おう」 息子と最後の電話

この日の事故で亡くなったカンさん(65)の遺族は「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のために客が減って、あらゆる苦労をしていると思ったら、明日売る惣菜を作るからと言って市場に出かけて、このように急ぐように亡くなった」と言いながら嗚咽した。カンさんは昨年初め新型コロナ事態が始まる直前に親戚から飲食店を譲り受けて商売をしてきたという。

カンさんはこの日も翌日の商売で出す惣菜の買い出しに出かけたという。カンさんは午後4時8分、在来市場のマルバウ市場を離れる54番市内バスに乗り、家がある東区鶴洞に帰る途中で事故に遭った。遺族は「バスに乗って、息子にもうすぐ到着するから会って一緒に帰ろうと電話までした」としながら「ところで最後に顔も見ることができずに帰らぬ人となってしまった」と悲しんだ。

消防当局は建物が崩壊する直前、撤去工事現場内部にいた作業員は、事故現場から逃げたとみている。現在、死亡者とけが人は全員市内バスの乗客であることが把握された。消防当局関係者は「死亡者の大多数がバスの後部席から出た」と説明した。

警察は事故専門担当捜査チームを設けて、10日午後1時、事故現場で国立科学捜査研究院などの関係機関と合同で現場鑑識を行う予定だ。

今回の建物崩壊事故が発生した「鶴洞4区域再開発区域」は光州の代表的な老朽住宅密集地域だ。工事現場は今回崩壊した建物を除いて隣接した建物の大部分が撤去された状況だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国光州で建物崩壊惨事、9人死亡…5階建物が揺れたと思った瞬間バスを襲った

    2021.06.10 07:02
    뉴스 메뉴 보기
    9日午後、光州市東区鶴洞(クァンジュシ・トング・ハクトン)の再開発区域で撤去中だった5階建物が崩壊し、停留所に停車中だった市内バスを襲った。事故現場で消防隊員が掘削機を動員して救助作業を行っている。フリーランサー チャン・ジョンピル
    TOP