주요 기사 바로가기

韓国では18時間で予約終了のヤンセン製ワクチン、米国では在庫処理に苦心

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.09 08:25
0
米国政府がヤンセン製ワクチンの在庫処理問題に悩んでいる。ジョンソン&ジョンソンの系列会社ヤンセンが製造した新型コロナワクチンだ。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は8日(現地時間)、米国国内で今月末に流通期限を迎えるヤンセン製ワクチンの在庫が数百万回分量にのぼると報じた。

米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)は4月、血栓症の発生が憂慮されるとしてヤンセン製ワクチンの使用中断を勧告した。

CDCは10日後に使用再開を決めたが、米国人の間でヤンセン製ワクチンに対する不安が広がって在庫が増えた。ファイザーやモデルナのワクチンの中にも流通期限が近づく物量があるが、医療現場によると、ヤンセン製ワクチンの在庫がはるかに多いという。全般的にワクチンの供給が多い米国の「幸せな悩み」だ。

WSJは、ヤンセン製ワクチンはこれまで2140万回分量が米国政府に納品されたが、実際に使用されたのは半分をやや超える程度と伝えた。

医療機関がワクチン接種を促しているが、効果は大きくない。また、米国では現在ワクチン接種のペースが落ちていて、在庫を使い果たすのは難しいとみられる。

一部では流通期限を控えたワクチンを外国に支援することも検討されている。しかし流通期限内に接種されない場合は問題が浮上するなど考慮する点が多く、これも容易でない状況だ。

ヤンセン製ワクチンは他のワクチンとは違い、1回だけ接種すればよい。海外出張が突然決まるなどワクチン接種が急に必要となる場合に活用度が高い。ヤンセン製ワクチンの予防効果は約66%。

米国では若い女性に血栓症が発生し、ワクチンのラベルに「50歳未満の女性は血小板減少による血栓症の危険が高まる場合がある」という内容の警告文を追加することにした。

韓米首脳会談後に韓国に提供されることになったワクチンもヤンセン製ワクチンだ。新型コロナ予防接種対応推進団(推進団)などによると、30歳以上60歳未満の予備軍と民防衛隊員、国防・外交関係者など約89万4000人は10日から米国政府から提供されたヤンセン製ワクチンを接種する。1日の事前予約開始からわずか18時間で約90万人の予約がすべて終了した。

これに先立ち疾病管理庁は米国政府から受けたヤンセン製ワクチン101万2800人分のうち90万人分の予約を受け、残りの約11万人分は予備物量として残したと明らかにした。今後の接種状況によってはこの物量を追加で使用する可能性もある。

ワクチン接種の期待効果がリスク要因よりはるかに大きいというのが、防疫当局と専門家の一般的な見解だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国では18時間で予約終了のヤンセン製ワクチン、米国では在庫処理に苦心

    2021.06.09 08:25
    뉴스 메뉴 보기
    5日午前、米国からヤンセン製ワクチン101万人分が韓国に到着した。[写真 共同取材団]
    TOP