주요 기사 바로가기

韓経:文大統領「G7は2国間首脳外交の機会」…菅首相と会談か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.09 07:52
0
英国で11-13日に開催される主要7カ国(G7)首脳会議について、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が8日、「2国間首脳外交の機会」と語った。米ホワイトハウスが前日、韓日米首脳会談の可能性に言及した直後に出てきた発言だ。韓日首脳がG7会議でいかなる形であれ別のテーブルで向き合って座るのではという見方が出ている。

文大統領は8日の国務会議会議で「英国で今週開催されるG7会議に出席する」とし「G7会議に韓国が2年連続で招待されたのは、我々の国際的な地位がG7国家に匹敵する水準に高まったことを意味する」と述べた。続いて「今回のG7会議は、コロナで中断した多国間首脳会議が再開されるだけでなく、主要国と活発な2国間首脳外交をする機会でもある」と説明した。

G7会議には米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダと共に日本も出席する。日本との首脳会談の可能性に言及したという解釈も可能だ。韓国はオーストラリア、インド、南アフリカと共に今回のG7会議に特別招待された。

文大統領は6日、顕忠日(韓国の殉国者と戦没将兵を追悼する記念日)に「東京の電車駅の線路上で人間愛を実現した李秀賢(イ・スヒョン)氏の犠牲は、いつか韓日両国の協力の精神として復活するだろう」と述べた。文大統領が顕忠日に韓日関係に言及したのは就任後初めてだった。このため韓日関係改善の意志を表したという分析が出ている。

何よりも米国が韓日米または韓日首脳会談開催の必要性を強調しているという。韓日間の関係を改善し、中国牽制で力を合わせようという趣旨だ。サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は前日の会見で、「G7会議では米韓日首脳会談を予定しているのか」という質問に対し、「現在、韓国、日本と3カ国間の会談を予定しているものはないが、(G7開催地の)コーンウォールのその小さな空間ではいかなることも可能性がある」と答えた。

共同通信は3日、米国が先月の韓米首脳会談に菅義偉首相を合流させて日米韓首脳会談を開催する計画だったが実現しなかった、と報じた。ただ、韓国外交部は「事実に基づかない報道」と反論した。

韓日米首脳会談が実現する場合、2017年9月の国連総会以来3年9カ月ぶりとなる。韓日首脳会談は2019年12月の韓日中首脳会談を契機に文大統領が当時の安倍晋三首相に会ったのが最後だ。

日本政府は韓日首脳会談開催の可能性に関連して特に公式反応を出していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:文大統領「G7は2国間首脳外交の機会」…菅首相と会談か

    2021.06.09 07:52
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP