주요 기사 바로가기

キム・ヨナさん、ユニセフに10万ドル寄付…開発途上国の新型コロナワクチン支援

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 14:48
0
ユニセフ国際親善大使として活動中の「フィギュア女王」キム・ヨナさんが7日、10万ドル(約1094万円)を寄付した。

ユニセフ韓国委員会は開発途上国の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの供給を支援したいというキム・ヨナさんの意向を受け、伝達基金全額をワクチン共同購入国際プロジェクト「コバックス(COVAX)ファシリティ」の新型コロナワクチン供給に支援する計画だ。

キム・ヨナさんは2010年にユニセフ国際親善大使に任命された後、ハイチ大地震・シリア内戦・フィリピン台風・ネパール地震をはじめ韓国内の少年少女家庭支援など、国内外の子どもたちをサポートするために先頭に立ってきた。

ユニセフ韓国委員会の高額後援者会「オナーズクラブ」のメンバーでもあるキム・ヨナさんは「世界各地で医療システムの麻痺(まひ)によって子どもたちが基本的な保健サービスも利用できないということを聞いて心がとても痛んだ」とし「新型コロナワクチンの普及と新型コロナの終息に微力ながらも役に立ちたい」と話した。

ユニセフは75年間世界で最も多くのワクチンを供給してきた国連傘下の子ども救護機関で、コバックスファシリティの新型コロナワクチン調達を担当している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ヨナさん、ユニセフに10万ドル寄付…開発途上国の新型コロナワクチン支援

    2021.06.07 14:48
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ヨナさん[写真 ユニセフ韓国委員会]
    TOP