주요 기사 바로가기

中国製ワクチン拒否した台湾…日本と米国がワクチン支援

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 09:14
0
日本に続いて米国が6日、台湾に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン75万回分を支援することにした。ワクチン確保に失敗した台湾に対して中国が「揺さぶり」をかけると日米が同時に「支援射撃」に出た。

この日台湾を訪問した米国上院議員代表団のタミー・ダックワース議員(民主)は台北松山空港で行われた記者会見で「台湾が最初のワクチン接種対象に含まれたことは米国にとって大変重要だ」とし「台湾の切迫さを認識し、われわれはこのようなパートナーシップ関係を重視する」と明らかにした。

一時、防疫模範国に数えられていた台湾では最近新型コロナ感染者が急増している。先月15日以降、約9000人以上の感染者が発生して累積感染者数は5日基準1万956人を記録した。だが、ワクチン確保に失敗して、ワクチン接種率は全体人口の1.4%(ブルームバーグ「ワクチントラッカー」基準)にすぎない。

これに対して中国は台湾に中国製ワクチンを提供するという意思を明らかにしたが、対中政策を担当する台湾行政院大陸委員会は「大陸(中国)側の統一戦線戦術」としながら拒否した。また、蔡英文総統はファイザー・ビオンテック社とワクチン契約締結直前に中国が妨害したとして反発したこともある。

危機に陥った台湾に対して、真っ先に手を差し伸べたのは日本だった。日本は今月4日、自国で接種を中断したアストラゼネカ(AZ)ワクチン124万回分を台湾に送った。呉ショウ燮外相は「台湾は独裁国家に対抗して民主主義と自由を支持する」とし「われわれと同じ考えを持っている国家が支持を送ってくれて良かった」と話した。

一方、この日米国連邦上院議員団は米空軍の大型戦略輸送機であるC-17を利用したが、米空軍機が台湾を訪問したことは極めて異例だとロイターは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国製ワクチン拒否した台湾…日本と米国がワクチン支援

    2021.06.07 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    アストラゼネカ製ワクチン
    TOP