주요 기사 바로가기

<女子テニス>「世界2位」大坂に警告…選手の所信か、無責任行動か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.01 11:09
0
女子プロテニス(WTA)ツアーシングルス「世界ランキング」2位の大坂なおみ(24、日本)が罰金処分を受けた。理由は競技終了後のインタビューを拒否したからだ。

大坂は仏パリで開催された全仏オープン初日、シングルス1回戦でパトリシア・マリア・ティーグ(63位、ルーマニア)に2-0(6-4、7-6<7-4>)で勝利した。大坂は試合後、コート上で行われるテレビ中継用のクイックインタビューに応じた。試合後の記者会見には予告していたように姿を見せなかった。インタビューに応じなかったことで1万5000ドルの罰金処分を受けた。

大坂は試合終了後に行われるインタビューに強い不満を表した。今大会の開幕前、自身のソーシャルメディアを通じて「記者会見に出席するのは選手の精神の健康に良くないこともある。何度も答えた質問がまた出てきて、何かを疑うような質問を受けなければいけない」とし「私はそのような状況に置かれることを望まない」と明らかにした。また、試合に敗れた後のインタビューについて「倒れた人をまた足で蹴るようだ」とし「ただ、特定の大会や記者を嫌ってこうした決定を出したのではない。良い関係を維持している」と強調した。

公式インタビューに応じなければ罰金処分を受けることを知りながらも自身の考えを曲げなかった。大坂は「(インタビュー拒否で支払う)罰金は精神健康の治療のために使われればよい」とも明らかにした。

全仏オープン大会組織委員会は「こうした規定違反が続けば失格処分もあり得る」とし「さらなる罰金、今後のメジャー大会にまで適用される処分が予想されるだけに、今後はメディア関連の義務を履行することを望む」と明らかにした。今大会だけでなく残りのメジャー大会(全豪、全米、全英オープン)出場停止の可能性も提起されている。4大メジャー大会主催側がこうした立場を明らかにしたが、大坂に出場資格を与えないという立場ということだ。

大坂の公式インタビュー拒否に対しては見方が分かれている。選手の「所信」という意見もあり、プロ選手として任務を果たさない無責任な行動」という意見もある。ただ、多くのプロスポーツは監督または選手が勝敗とは関係なく試合後のインタビューに応じる。

大坂は大会主催側の立場に接した後、「怒りは理解の欠如。変化は人々を不快にさせる」というコメントを載せた。

大坂は2018年の全米オープンで米国のセリーナ・ウィリアムスを破ってメジャー大会で優勝した。これまでメジャー大会を4度も制している。昨年優勝した全米オープンでは人種差別に抗議するマスクを着用した。

大坂はハイチ出身の父と日本人の母の間に生まれた。現在、国籍は日本。日本スポーツ界は大坂のこうした行動に驚く雰囲気だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <女子テニス>「世界2位」大坂に警告…選手の所信か、無責任行動か

    2021.06.01 11:09
    뉴스 메뉴 보기
    大坂なおみ
    TOP