주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア、「ミサイル指針終了」の韓米を批判…文大統領には「うんざり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.31 09:31
0
北朝鮮が国営メディアを通じて、最近の韓米首脳会談で議論されたミサイル指針終了について「故意的な敵対行為」と非難した。これは韓米首脳会談後に北朝鮮が初めて出した反応であり、外務省当局者でなく外交専門家の論評形式をとったという点で非難のレベルを下げたという解釈が出ている。

朝鮮中央通信は31日、キム・ミョンチョル国際問題評論家の「何を狙ったミサイル指針終了なのか」という論評で、「今回のミサイル指針終了で南朝鮮がわが共和国全域はもちろん周辺国まで射程圏内に入れることができるミサイルを開発できることになった」とし、このように主張した。

論評は「すでに数回にわたりミサイル指針の改定を承認し、弾頭重量制限を解除しただけでは足りず、射程距離制限までなくした米国の処置は故意的な敵対行為」とし「米国の執拗な朝鮮敵対視政策の集中的表現であると同時に、破廉恥な二重の態度を自ら表した証拠」と批判した。

また「朝鮮半島と周辺地域で軍備競争をより一層助長し、我々の発展を阻害しようとするものだ」とし「南朝鮮を軍事的にさらに引き寄せて掌握し、ミサイル射程距離を増やす代わりに、周辺国を狙った中距離ミサイル配備を合法的に実現させようとするのが米国の思惑」と指摘した。

論評は「米国と南朝鮮の当局が追求する侵略野望を明確に表した以上、我々の自衛的な国家防衛力強化については口が10個あっても話せなくなった」とし「我々は強対強、先対先の原則で米国を対抗する。朝鮮半島の情勢激化は我々を脅かす勢力の安保不安定につながるだろう」と警告した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対しては「この機会に『喜んでミサイル指針終了事実を伝える』と先走りして地域の国々の照準鏡の中に自ら頭を突っ込む南朝鮮当局者の行動についても一言いわざるを得ない」とし「問題を起こしておいて罪の意識に襲われ、向こうの反応がどうかと気にしているその無様な姿にうんざりする」と非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮メディア、「ミサイル指針終了」の韓米を批判…文大統領には「うんざり」

    2021.05.31 09:31
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の国旗 平壌(ピョンヤン)写真共同取材団
    TOP