주요 기사 바로가기

韓米会談「過剰PR」論争の中、韓国大統領府儀典秘書官「大統領の人となりが出た」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.27 14:26
0
21日(現地時間)、米国ワシントンで開かれた韓米首脳会談のPR合戦に卓賢民(タク・ヒョンミン)儀典秘書官まで加勢した。

卓秘書官は27日、ラジオ番組に出演し、「何度も訪問行事を行ったが、実は今回のように良い雰囲気の中で行われた訪問はまれだと思う」とし「私は外交専門家ではないが、黄金比というか、米国と韓国がごく同等に公平に、そしてお互い気分よく行われた会談だったのではないかと思う」と述べた。

最も記憶に残る場面としては、韓国戦争(朝鮮戦争)参戦勇士の名誉勲章授与式を挙げた。卓秘書官は「最も際立っていたのは、授与式の際に大統領が膝をついてバイデン大統領と勲章を受けた参戦軍人の両側で膝に手を置いた場面だった」とし「それ(膝をつく場面)は、(事前に)構想することができないもの」と述べた。

卓秘書官は、文大統領が膝をついて撮影をしたことについて、「大統領である前に、1人の人間が持つ人となりが出た場面だった」とし「演出しなかったことにより、どんな演出よりも素敵な姿を見せてくれたということが改めて確認できた場面」と評した。また「米国も(文大統領が)そこまでしてくれるとは思わなかっただろう」と付け加えた。

文大統領は首脳会談前にジョー・バイデン米大統領の招待で、ホワイトハウスで開かれた韓国戦争の英雄ラルフ・パケット予備役大佐の名誉勲章授与式に出席した。当初、米国側の儀典計画では、ラルフ大佐と家族、そしてバイデン大統領だけが撮影リストにあった。ところが、バイデン大統領が、文大統領と目が合うと「文大統領も一緒に立ってくださいますか」(Mr.President,do you mind standing here too?)と言い、記念撮影の機会を設けた。両国の首脳がラルフ大佐の両側に膝をついて座ると、拍手が起こった。

一方、卓秘書官は今回の会談が「ノーマスク」で行われたことについて、「出発前までは協議の段階にあった。私たちは、マスクを着けて会談を行うことになると考えていた」とし「米国が自国の疾病管理予防センターの勧告を受け、米国の大統領が決心し、ホワイトハウスで初めて両首脳がマスクを取って対話する場面が設けられた」と伝えた。

卓秘書官は首脳会談で出た「クラブケーキ」の昼食会については、「マスクをしてハンバーガーを置いて相当の距離を空けて座るような(菅義偉首相のような)姿を見せるのは、本人たちも負担を感じただろう」とし「皿に簡単に、しかし魚介類を好む文大統領の好みを尊重して(準備)してくれたものと把握している」と述べた。

また、演出の専門家である卓秘書官は「米国が今回、様々な話をしながら、韓国が取り組んできた政策的な部分に同意してくれた」とし、外交・政策的成果にも言及した。同時に、「バイデン政権のスタートが良いと思う」とし「もう一度機会を作り、対話できる場が設けられるように進まなければならず、そうなるように努力しなければならない」と述べた。

文大統領は会談直後、「最高の会談」と評した。その後、「汎政府」レべルのPR合戦が行われている。

文大統領が訪問を終えて帰国した24日午後には鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官がKBS(韓国放送公社)のメインニュースに出演したのを皮切りに、25日午前にはイ・ホスン政策室長がラジオ番組に出演し、会談の成果をアピールした。同日、外交部・産業通商資源部・保健福祉部の3部署の長官の合同記者会見が行われた。26日に文大統領が与野党5党代表を招待し、自ら会談の成果を説明したのに続き、この日は卓秘書官がラジオに出演し、「外交儀典」まで広報した。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)はまた、「この日午後には李哲熙(イ・チョルヒ)政務首席が放送に出演し、会談の成果を説明する」と発表した。政務業務を担当している李首席は、今回の歴訪に同行しなかった。

青瓦台の関係者は、「今回の会談の成果について十分に知らせなければならないという内部の議論があった」とし「今回の週末P4G首脳会談をはじめ、来月英国で開かれるG7(主要7カ国)首脳会議まで外交問題をつなぐ努力が必要だという意見が少なくなかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓米会談「過剰PR」論争の中、韓国大統領府儀典秘書官「大統領の人となりが出た」

    2021.05.27 14:26
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が21日(現地時間)、ホワイトハウスでバイデン米大統領とクラブケーキが振る舞われた朝食会で対話している。[写真 韓国大統領府]
    TOP