주요 기사 바로가기

バイデン大統領、米情報当局に「新型コロナの起源」追加調査を指示

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.27 09:38
0
ジョー・バイデン米国大統領が新型コロナウイルス感染症の起源について追加の調査を指示した。

26日(現地時間)、AP通信などによると、バイデン大統領は3月情報当局に新型肺炎の起源について調べることを指示し、今月初め報告を受けた後追加調査を指示した。

新型コロナが感染した動物と人との接触によって発生したのか、実験室事故によって発生したのかなどに対して情報当局の判断が分かれているという理由からだ。バイデン大統領は明らかな結論に近づけるように追加調査を進めた後、90日以内に改めて報告することを情報当局に求めた。

米国内では新型コロナについて中国武漢ウイルス研究所起源説に対する追加調査の要求が続いている。世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスが実験室から流出した可能性が「非常に低い」と結論を下したが、米日刊紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が大流行前の武漢ウイルス研究所職員3人が高熱など新型コロナに類似した症状で病院の治療を受けたという便りを伝えて論議は再び火がついた。

ジェン・サキ報道官は、米国がWHOの新しい中国調査を支持するとし「中国がさらに積極的に出て新型コロナの起源を究明することに必要なアプローチを許容しなければならない」と強調した。

バイデン大統領は情報当局に指示した追加調査の対象には中国に対する具体的な質問が含まれる可能性があると説明した。バイデン大統領は「米国は、全世界のパートナーらと協力して中国が完全かつ透明な証拠に基づいた国際調査に参加し、すべての関連資料と証拠にアプローチできるようにするだろう」と指摘した。

一方、在任当時から中国に新型コロナ大流行の責任があると主張してきたドナルド・トランプ前大統領は「最初から明確だったが、私は普段のように非常に批判を浴びた」として「もうすべて私が正しかったと言っている」と不満を表わした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン大統領、米情報当局に「新型コロナの起源」追加調査を指示

    2021.05.27 09:38
    뉴스 메뉴 보기
    ジョー・バイデン米国大統領
    TOP