주요 기사 바로가기

「韓国、新型コロナでうつ病発生率OECD1位…治療率は最低」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.27 07:56
0
新型コロナウイルスのパンデミック(大流行)開始以来、世界各国でうつ病と不安症の発生が2倍以上増加したことが分かった。韓国の場合、10人に約4人がうつ病、または憂鬱感を体験するほど状況が深刻であることが分かった。

26日、大韓神経科学会が公開した2020年OECD統計をみると、韓国の昨年のうつ病の有病率は36.8%で、調査対象国の中で最も高かった。

新型コロナのパンデミック以降、米国(2019年6.6%、2020年23.5%)、英国(2019年9.7%、2020年19.2%)、イタリア(2019年5.5%、2020年17.3%)、日本(2019年7.9%、2020年17.3%)など多くの国でうつ病の有病率が2倍以上上昇したが、韓国の水準には及ばなかった。

大韓神経科学会は、韓国のうつ病有病率が世界最高であるにもかかわらず、治療のアクセシビリティは最も低い水準だという点を指摘した。

学会は「韓国は世界でうつ病の治療が最も難しい国」として「2002年3月政府が告示したSSRI抗うつ薬の60日処方制限の規制のためだ。この規制によって、全体医師の96%に該当する非精神科医師が突然、うつ病を治療できなくなった」と指摘した。

また、「うつ病の有病率はOECDで1位なのに、うつ病治療のアクセシビリティは外国の20分の1で世界最低」として「世界36カ国を調べた結果、どの国も非精神科医師に安全なSSRI抗うつ薬の処方を制限していない」と強調した。

さらに、「スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、ハンガリー、オーストラリアなど外国は1990年以降安全なSSRI抗うつ薬の使用が大きく増加し、自殺率が50%以上減少した」とし「自殺の主な原因であるうつ病の治療率が高まったため」と説明した。

学会は「パンデミック以降、入院、死亡、感染伝播を防ぐための様々な生活の制限や防疫指針により、人々の精神的なストレスが数倍も深刻になった」として「保健福祉部長官は職権で早急にSSRI処方制限規制の廃止を指示しなければならない」と促した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、新型コロナでうつ病発生率OECD1位…治療率は最低」

    2021.05.27 07:56
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が拡大して不安感を訴える人々も発生していると専門家は指摘する。[写真 pixabay]
    TOP