주요 기사 바로가기

7月には韓国もマスクを外す…1回目の接種者は野外で「ノーマスク」許容

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.26 10:22
0
韓国政府が6月1日から新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンの1回目の接種者について、直系家族が集まる人員制限対象から外すことにした。

26日、金富謙(キム・ブギョム)首相は政府ソウル庁舎で主宰した中央災害安全対策本部会議で「政府はより多くの国民が接種効果を体感するようにする」とし、ながらワクチン接種者の日常回復支援方案を発表した。

この法案によると、7月からは1回目の接種だけでも公園、登山路など野外でマスクを外すことができる。また、室外の大衆利用施設の利用の際、正規宗教活動の際に人員制限の適用を受けない。

接種を完了することになれば、私的な集まりだけでなく食堂、カフェ、結婚式場などが大衆利用施設の人員制限から除外される。同時に、金首相は「国民の70%以上が1回目の接種を終える9月末以降には防疫の基準を全面再調整する予定」とし、「集団免疫が達成される時点には室内でのマスク着用の緩和も検討している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    7月には韓国もマスクを外す…1回目の接種者は野外で「ノーマスク」許容

    2021.05.26 10:22
    뉴스 메뉴 보기
    ファイザー製ワクチンの2回目の接種が実施された25日午後、大田(テジョン)のある予防接種センターで医療スタッフからワクチンを打った高齢者たちが異常反応を観察するためにしばらく休憩している。キム・ソンテ記者
    TOP