주요 기사 바로가기

<五輪サッカー>選手選抜に遺憾表す韓国監督「日本がうらやましい」

ⓒ 中央日報日本語版2021.05.25 11:04
0
金鶴範(キム・ハクボム)監督が率いるサッカー韓国五輪代表は6月12日(土)午後7時と15日(火)午後8時、済州(チェジュ)ワールドカップ(W杯)競技場でガーナと2度の評価試合を行う。しかし評価試合を控えた金鶴範(キム・ハクボム)監督は24日午後12時、坡州(パジュ)国家代表トレーニングセンターで評価試合の招集メンバーを発表し、選手選抜に遺憾を表した。

今回の評価試合は東京オリンピック(五輪)本大会を控えて最後の評価試合となる。その重要な評価試合で金監督の立場では最精鋭メンバーで臨みたいという考えが強かった。

しかし五輪代表の中心選手の元斗才(ウォン・ドゥジェ)、ソン・ミンギュ、李東景(イ・ドンギョン)はベント監督が率いるA代表に含まれた。特に金監督が4月の記者会見を通じてベント監督に協力を要請したが、3人の選手についてはどうすることもできなかった。

金監督は「選手選抜の欲がなければ、それは監督の資格がないということだ。しかしA代表チームの決定をすべて受け入れる。選手たちを信じているからだ。A代表がワールドカップ(W杯)2次予選で好成績を出すことを願う」と話した。

続いて「大韓サッカー協会の多くの人たちが仲裁に努力したが、結果的にA代表に選手が抜てきされた。文化の違いがあるようだ。欧州では五輪に大きな意味はない。韓国と日本が五輪を考えるのとは違う。残念なところがあるのは事実」と語った。

現在、韓国五輪代表はオーバーエージ選手も決まっていない。金監督は五輪を開催する日本がオーバーエージをすべて確定して6月に評価試合を行うことに言及し、「隣国の日本をうらやましいと思ったことはなかったが、今回はうらやましい。日本はオーバーエージを含めて完全体で評価試合を準備している。協会は努力したが、A代表が優先であるのは事実」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <五輪サッカー>選手選抜に遺憾表す韓国監督「日本がうらやましい」

    2021.05.25 11:04
    뉴스 메뉴 보기
    サッカー韓国五輪代表チームの金鶴範(キム・ハクボム)監督
    TOP