주요 기사 바로가기

「中国武漢研究所の研究員、コロナ公式報告前に類似の症傾で治療」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.24 15:04
0
中国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が本格的に広がる直前の2019年11月、武漢ウイルス研究所(WIV)の職員が新型コロナと類似の症状で病院で治療を受けていたという報道が出た。

23日(現地時間)、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は極秘で送られた米国情報当局の報告書を引用し、「2019年11月、武漢ウイルス研究所の研究員3人が病院治療を受けるほど体調を崩していた」と伝えた。

WIVの研究員が新型コロナ大流行前に類似の症状を示していたという疑惑は今年1月、米国務省が提起していた。当時、トランプ政府は報告書(Fact Sheet)を通じて「2019年秋、WIV研究員数人が『新型コロナと一般的な季節性疾患』と一致する症状で体調を崩していたと言える確かな根拠がある」と発表していた。

今回の報告書には、当時症状を示した研究員数(3人)やその時期(2019年11月)、病院訪問の事実など一歩踏み込んだ情報が入っているとWSJは伝えた。

あわせて新型コロナと季節性インフルエンザの症状は似ている側面もあるが、新型コロナ発生事例が出てくる直前にウイルスを研究していた研究員が同時に類似の症状で病院を訪れたということは意味深長だと解釈した。特に「中国では、一般の人々はなかなか病院に行かないため、体調が崩してすぐに病院に行くのは珍しい」とし、当時研究員が病院治療を受けたことを強調した。

今回の報告書の内容は、世界保健機関(WHO)の新型コロナ起源研究チームが次の調査のために公式会議を開く直前に公開された。

この内容が事実である場合、新型コロナウイルスがWIVから流出したという仮説が再び注目され、かなりの波紋を広げることになるとWSJは伝えた。

ただし、報告書の情報の「信頼度」に対しては専門家の間で意見が分かれている。WSJによると、WIV職員情報に精通したある関係者は「国際的パートナー」が情報を提供し、潜在的にも意味があるかもしれないが、より多くの調査と追加の証拠が必要だと明らかにした。反面、別の関係者は「この情報はさまざまな出処から得た良質の情報で、非常に正確」としながら「(これまで)研究員がなぜ病気で体調が悪かったのか正確に分からなかった」と話した。

今年2月、WHO新型コロナ起源調査チームは武漢の現地調査を終えた後、WIVからウイルスが流出した可能性は非常に低いと結論を出したことがある。共同調査チーム所属のオランダのあるウイルス学者も、3月に米NBCニュースのインタビューで「2019年秋にWIV職員一部が体調を崩していたのは事実だが、日常的な季節性の病気だった」と語っていた。

中国政府は「新型コロナウイルスWIV流出説」を強く否定し、WHOに他の国の初期感染事例を調査するよう要求してきた。中国の国家衛生健康委員会とWIVは今回の報告書内容に関する論評の要請に応じなかったとWSJは伝えた。

ただし、WIVのコウモリコロナウイルス最高権威者である石正麗博士は、WHO調査チームの現場訪問の際、研究所職員のうち新型コロナの抗体保有者はおらず、新型コロナ大流行以降に離職した職員もいないとし、WIV流出説を否定した。

反面、米国を中心に西欧諸国は今もWHOの調査過程と結果に対して強い疑念を持っている。

バイデン政府は今回の報告書の内容に対して論評を拒んだ。その代わり、国家安保会議(NSC)報道官を通じて「中国内の新型コロナ起源を含め、新型コロナ大流行初期の状況に関連し、深い疑問を持ち続けている」と明らかにしたとWSJは伝えた。

またネッド・プライス国務省報道官は、トランプ政府国務省の報告書について「新型コロナの起源に対し、どのような結論も下しておらず、起源に関連して透明性が欠けている点に焦点を置いた」と話した。

これに対してWSJは「新型コロナウイルスの中国起源説をめぐり、今も政治的緊張感が漂っている」と伝えた。これに先立ち、トランプ政府は証拠は提示せずにWIV流出説だけを主張していた。バイデン政府も、ウイルス起源に関連して中国を疑ってはいるが、これを裏付ける決定的証拠がなく苦心しているとWSJは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP