주요 기사 바로가기

日本企業、韓米企業より優秀なESG格付け…韓国は最高格付け「ゼロ」

ⓒ 中央日報日本語版2021.05.24 10:41
0
韓日米の売上額100大企業のESG等級の平均は日本、米国、韓国の順ということが分かった。上位等級(AA以上)を受けた企業数も日本、米国、韓国の順で、格差が比較的に大きいことが明らかになった。

韓国全国経済人連合会は23日、「韓日米主要企業ESG格付け比較」報告書をまとめた。全経連は各国家別売上額100大企業の中でモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の格付けが確認される企業を対象に今回の分析を進めた。韓国は50社、日本は87社、米国は73社だった。

最高格付け(AAA)を受けた日本企業は伊藤忠商事、ソニー、KDDI、富士通、SOMPO、住友化学など6社であり、米国はマイクロソフト、ベスト・バイなど2社だった。反面、韓国企業の中で最高格付けを受けた企業はなかった。

ESG格付けの平均は日本(4.6)、米国(4.4)、韓国(3.6)の順だった。格付けの分布は韓国の場合、BBB(15社、30.0%)、BB(15社、30.0%)が最も多かった。反面、日本はA(29社、33.3%)、BBB(20社、23.0%)と格付けられた企業の割合が多く、米国はBBB(30社、41.1%)とA(16社、21.9%)が多かった。

報告書は「日本企業のESG経営の先導事例を分野別に綿密に分析する必要がある」として「韓国企業にとってはこのような事例調査を通じて、グローバル基準で認められるESG経営要素を検討して段階的な補完が必要だ」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP