주요 기사 바로가기

バイデン氏、会見場出ながら「さあ友よ、行こう」…昼食のクラブケーキは文大統領の好みを配慮

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.24 08:41
0
「さあ友よ、行こう(Come on bro,let’s go)」。

ジョー・バイデン米国大統領は今月21日午後(現地時間)、ワシントンDCのホワイトハウスで開かれた韓米首脳共同記者会見の終了間際、文在寅(ムン・ジェイン)大統領にジェスチャーを交えてこのように話しかけた。米国FOXニュース記者が未確認飛行現象(UAP・一般的にUFO)関連について聞くと、「彼(バラク・オバマ前大統領)にもう一度聞いてみる」と答えた後だった。バイデン大統領が文大統領とともに演壇から降りようとする時に使った表現は、親密な関係で使う「bro」だった。

バイデン大統領は韓米首脳会談期間、文大統領にしばしば親近感を表現した。首脳会談直前に開かれた韓国戦(朝鮮戦争)参戦勇士のラルフ・パケット・ジュニア予備役大佐の名誉勲章授与式でも同じような態度を見せた。バイデン大統領がラルフ大佐に勲章を授与した後、続けて記念撮影が行われた。当初、米国側の儀典計画にはラルフ大佐と彼の家族、そしてバイデン大統領だけが撮影名簿にあった。

ラルフ大佐の家族が全員集まった後、バイデン大統領は周囲を見回した。文大統領と目が合うと「よかったら、文大統領も一緒にここに立ちませんか(Mr.President,do you mind standing here too?)」と話しかけ、場所を用意した。文大統領がためらう様子を見せると、バイデン大統領は再びジェスチャーで催促した。文大統領とバイデン大統領がラルフ大佐の両サイドで膝を曲げて座ると、出席者の間からは拍手が沸き起こった。

会談が終わった後、文大統領は23日(韓国時間)にワシントンDCからジョージア州アトランタに移動しながら、フェイスブックなどに「最高の会談」だったとし「(バイデン大統領らは)皆快活で、ユーモアがあり、相手に気を使わせない人々」と綴った。

文大統領とバイデン大統領の2人だけの単独会談は37分間行われた。当初の予定は20分だった。バイデン大統領は「単独会談で参謀陣が繰り返し『時間が過ぎている』と伝えてきた。だが、私は会談が非常に楽しかった」と話した。バイデン大統領が半導体投資、中国牽制(けんせい)など韓国側から得たい成果が多かったという分析もある。

単独会談は昼食を兼ねて行われた、カニ肉を使ったメリーランド州の名物料理「クラブケーキ」が昼食に登場した。「米国側は海産物が好きな文大統領の好みを考慮した」と鄭萬昊(チョン・マンホ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席は説明した。韓米首脳はマスクを取ったまま会談を行った。文大統領はフェイスブックなどに「コロナ以降、最初の海外訪問であり対面会談だったうえ、初めてのノーマスク会談だったので、より一層気分が良かった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バイデン氏、会見場出ながら「さあ友よ、行こう」…昼食のクラブケーキは文大統領の好みを配慮

    2021.05.24 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    米国のジョー・バイデン大統領が21日(現地時間)、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との昼食兼単独会談で、海産物が好きな文大統領を考慮してメリーランド州の名物料理「クラブケーキ」でもてなした。このクラブケーキは東部大西洋のチェサピーク湾で主に獲れるカニを使ったものだ。[写真 バイデン氏 ツイッター]
    TOP