주요 기사 바로가기

孫正義氏、五輪開催に危機感 「誰が何の権利で強行するのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.24 07:52
0
在日同胞3世でソフトバンクグループの孫正義会長が東京オリンピック(五輪)の開催を強行しようとしている日本政府に苦言を呈した。孫氏は22日、「今、国民の8割以上が延期か中止を希望しているオリンピック。誰が何の権利で強行するのだろうか。」とツイートした。

今月15~16日に18歳以上の有権者を対象に実施した朝日新聞のアンケート調査で「五輪を中止するか再延期するべき」という意見が83%あった事実に言及したものだ。また、毎日新聞が社会調査研究センターとともに22日に実施した世論調査でも、回答者の40%が「五輪とパラリンピックを中止すべき」と答えた。「再延期すべき」も23%に達した。あわせて63%が中止あるいは再延期の意見を提示したといえる。

しかし日本政府は2カ月後に迫った東京五輪・パラリンピックを予定通り開催するという立場だ。現在、日本内では、東京都や大阪府など10都道府県に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大に対応した緊急事態宣言が出ている。

孫氏は21日もツイッターを更新して「いつの間にか日本も変異株だらけになってしまった。入国管理を厳格にしなかった事の責任は重いと思う。」と日本政府の新型コロナ防疫政策を批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    孫正義氏、五輪開催に危機感 「誰が何の権利で強行するのか」

    2021.05.24 07:52
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクグループの孫正義会長
    TOP