주요 기사 바로가기

アーリントン国立墓地訪問の文大統領「韓米は血盟」…米軍の礼砲21発の意味は

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.21 07:58
0
韓米首脳会談のために米国を訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、最初の日程として20日午前9時(現地時間)にアーリントン国立墓地を訪問し、「無名戦士の墓」を参拝した。文大統領のワシントン訪問は今回が4回目だが、アーリントン国立墓地の無名戦士の墓を参拝したのは初めて。無名戦士の墓には韓国戦争(朝鮮戦争)をはじめ、第1・2次世界大戦とベトナム戦争で戦死したが身元不明の兵士の遺体が安置されている。

文大統領が乗った車がアーリントン国立墓地に入る際、米国海兵隊、海軍、沿岸警備隊などで構成された儀仗隊が21発の礼砲を撃った。米国で21発の礼砲は政府や軍関係者に対する「深い敬意」の表示だ。文大統領は無名戦士の墓の階段を上って花輪に手をのせる形で献花した。続いて儀仗隊の号令で胸に手をあてて敬礼した。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)は「文大統領が、慣れない地で自由と平和のために献身したすべての軍人の犠牲に敬意を表した」と伝えた。

文大統領は国立墓地記念館の展示室に移動し、国立墓地管理局長に迎えられた。展示室を見回った後、無名戦士の犠牲を追悼する記念牌を寄贈した。記念牌は国軍遺体発掘団が発掘した韓国戦争参戦米軍の服やボタンなどで製作された。記念牌には「無名戦士と彼らの高貴な犠牲を称えて」と書かれていた。

文大統領は献花行事に参加した米国側関係者に「韓国戦争当時に大韓民国の自由と民主主義の守護のために戦った米軍に対して改めて敬意を表する」とし「このように血で結ばれた韓米同盟をバイデン大統領と共により一層発展させていきたい」という趣旨で述べたと、青瓦台が伝えた。

アーリントン国立墓地は参戦戦士と家族の約40万人が眠っているところだ。韓国の元大統領は主に就任後最初の訪米でここを訪問し、「無名戦士の墓」を参拝した。文大統領は2017年の最初の訪米当時、アーリントン国立墓地の代わりに韓国戦争参戦記念碑と長津湖(チャンジンホ)戦闘記念碑を訪れて献花した。

文大統領はアーリントン国立墓地を参拝した後、フランクリン・ルーズベルト元大統領記念館を訪れた。文大統領は普段から最も尊敬する政治家にルーズベルト元大統領を挙げている。大統領候補だった2017年1月のインタビューで「ルーズベルト元大統領は世界大恐慌時代に深刻だった米国の経済的不平等・不公正をニューディール政策で解決し、米国資本主義経済の黄金期を開いた」と評価し、ロールモデルに提示した。文大統領はルーズベルト元大統領の孫デル・ルーズベルト米国・サウジアラビアビジネス協会長の案内で記念館を見回った。

文大統領はルーズベルト彫刻像の前で「ルーズベルト元大統領は大恐慌の最も厳しい時期を復興の時期に導いた」とし「新型コロナで当時と似た危機を迎えている状況で、ルーズベルト大統領が当時進めた政策をモデルに韓国版ニューディールを進めている」と述べたと、青瓦台の鄭萬昊(チョン・マンホ)国民疎通首席秘書官が書面ブリーフィングに伝えた。また文大統領はルーズベルト元大統領を「分裂しやすい状況で統合を成し遂げた大統領」と評価した。

文大統領が新型コロナの影響による経済沈滞を克服するための総合経済政策を「韓国版ニューディール」と命名したのもルーズベルト元大統領の影響だ。文大統領は昨年6月にデジタル経済現場を訪問した際、「なぜ韓国版ニューディールと呼ぶのか。よく知られているようにニューディールは世界大恐慌時代の米国のルーズベルト大統領が危機克服のために採択した政策だ」と説明した。

鄭首席秘書官は今回の訪問の意味について「経済大恐慌を克服し、米国史上初めて福祉システムと基準を導入し、統合的リーダーシップで国内経済回復を成功に導いたルーズベルト元大統領に対する敬意を込めている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アーリントン国立墓地訪問の文大統領「韓米は血盟」…米軍の礼砲21発の意味は

    2021.05.21 07:58
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP