주요 기사 바로가기

文大統領「5・18民主主義、ろうそく越えてコロナ克服の力に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.18 11:06
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、5・18民主化運動(光州事件)41周年を迎えて「民主と人権、平和の五月はきのうの光州(クァンジュ)に留まらないで、あすへ、世界へと、一歩一歩力強く進むだろう」と強調した。

文大統領はこの日午前、SNSに「きのうときょうに留まらない五月だ」とする文章を通じて「五月の民主英霊を深く賛え、残酷な時間に打ち勝ってきた負傷者と遺族に尊敬と慰労を捧げる」と明らかにした。

文大統領は「再びわれわれの五月光州だ。5・18民主墓地と望月公園墓地に向かう道に白飯のような白いヒトツバタゴの花が咲いているに違いない」としながら「市民軍、おにぎり、負傷者を運んだタクシー、列をなした献血。共に隣人を守り助けようとした心が民主主義」と強調した。あわせて「きょう、その心がろうそくを越えてわれわれの誇らしい民主主義となり、コロナを克服する力になったことをありがたく心に刻む」とした。

文大統領は「光州の真実が最後に向かって近づいている」とし、真相究明と名誉回復の進展を評価した。続いて「希望の五月は真相究明と名誉回復で開かれる」とし「昨年、『5・18民主化運動真相究明調査委員会』が人権蹂躪(じゅうりん)と暴力、虐殺と密葬事件などを本格的に調査し始めた」とした。あわせて「今年3月には戒厳軍が遺族に会って直接許しを請う和解と癒やしの時間があった」と付け加えた。

続けて「先週、市民に対して機関銃と狙撃兵まで配置して照準射撃したという戒厳軍将兵の勇気ある証言が伝えられた」とし「このようにわれわれは光州の真実、その最後に向かって近づいている。真実から目をそらさない方々に心から感謝する」と伝えた。

文大統領は「われわれは五月光州と共にする。旧全南(チョンナム)道庁の建物を1980年当時の姿に復元するための基本計画を終えた」とし「パク・ヨンジュン烈士は謄写原紙に鉄筆で原稿を清書し、光州市民の情報誌『闘士会報』を作った。戒厳軍の銃が奪い取った彼の人生が『パク・ヨンジュン体』を通じてわれわれの懐に帰る。民主主義を新たに開く未来世代のための五月の贈り物」と強調した。

文大統領はまた「私たちはきょうのミャンマーできのうの光州を見る」とし「五月の光州とヒンツペーターの記者精神がミャンマーの希望になることを切実に願う」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「5・18民主主義、ろうそく越えてコロナ克服の力に」

    2021.05.18 11:06
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領
    TOP