주요 기사 바로가기

衣料品店で店員に暴行の駐韓ベルギー大使夫人、処罰は難しく

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.17 09:44
0
衣料品店の店員に暴行を加えた疑いで立件されたピーター・レスクイエ駐韓ベルギー大使夫人A側が「免責特権を維持する」という意思を警察に伝えた。これを受け、Aに対する処罰は難しくなった。

ソウル龍山(ヨンサン)警察署は16日、「大使夫人の暴行事件に関連し、ベルギー大使側から免責特権を放棄しないという意思を14日に確認した」とし「通常手続きに基づき送検しない予定」と明らかにした。「外交関係に関するウィーン条約」によると、外交官とその家族は駐在国の刑事処罰手続きが免除される特権を与えられる。

Aは先月9日、ソウル龍山区の衣料品店でもめた際、職員の後頭部を殴り、これを止めに入った別の職員の頬も殴った疑いで立件され、警察の取り調べを受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    衣料品店で店員に暴行の駐韓ベルギー大使夫人、処罰は難しく

    2021.05.17 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    駐韓ベルギー大使館ホームページ
    TOP