주요 기사 바로가기

アジアの「防疫模範国」シンガポール・台湾・ベトナムで新型コロナ感染急増…今年初の死亡者も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.17 09:18
0
アジアの防疫模範国に挙げられるシンガポール、台湾、ベトナムが新型コロナウイルスの感染者急増により苦しんでいる。

防疫模範国と呼ばれたこれらの国は、徹底した隔離と大規模検査、厳格な罰金政策などで感染を効果的に防いだが、最近になり感染者が急増した。

シンガポールの日刊紙ストレーツタイムズなど現地メディアが16日に伝えたところによると、シンガポール保健省はこの日49人が新規感染判定を受け、累積感染者が6万1585人に増えたと明らかにした。このうち市中感染事例は38人だった。市中感染者のうち18人は感染経路が確認されていない。市中感染者38人は昨年7月以降で最多だ。

4~12月に新型コロナウイルス感染者「ゼロ」基調を維持し清浄地域と呼ばれた台湾は最近1日の感染者数が200人を超えた。16日には207人に達する感染者が報告されたし、1人を除き全員が市中感染だった。これは新型コロナウイルス発生以降で最多記録だ。

前日にも台湾では180人の感染者が報告された。突然の感染拡大傾向に驚いた住民らの間では生活必需品買い占め現象が広がった。これに対し蔡英文総統は直接フェイスブックに投稿し、「1年以上の備えにより、台湾の反パンデミック物品、敏感物品、原材料などは十分で、商店も普段のように商品を補充している」として買い占めを控えるよう呼びかけた。

また別の防疫模範国ベトナムでも大規模な市中感染事例が相次いだ。15日には新規感染者が165人発生した。これは新型コロナウイルス流行後1日としては最も多いとdpa通信は報道した。同日死亡者が1人発生したが今年に入りベトナムで初めて報告された新型コロナウイルス死亡者だった。

防疫模範国がいまになって感染拡大に陥っているのはワクチン接種率が低いためという分析も出ている。シンガポールの場合、新型コロナウイルスワクチンを1回以上接種した人の割合が33%で良好な方だが、台湾とベトナムの場合はワクチン接種者の割合は1%に満たない。

ブルームバーグは「新型コロナウイルス状況が統制され危険度が下がれば地域住民がワクチン接種を敬遠することになるが、こうした国はウイルスがない環境を維持しにくい」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アジアの「防疫模範国」シンガポール・台湾・ベトナムで新型コロナ感染急増…今年初の死亡者も

    2021.05.17 09:18
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP