주요 기사 바로가기

「毛沢東の冷や汗」から49年ぶり、中国「火の神」が火星に着陸

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.17 08:39
0
1972年2月、中国の指導者毛沢東は国交正常化のため北京を訪れたキッシンジャー米国務長官から1枚の衛星写真を受け取り冷や汗を流した。ソ連と中国の国境に架けられたウスリー川の珍宝島に中国軍が進駐した様子を写した写真だった。その少し前に中国は霧が立ちこめる日に珍宝島に軍をこっそりと送り込んだが、ソ連の攻撃により数百人が命を失った。当時ソ連は情報衛星を通じて中国軍の動きを手のひらを見るように偵察していた。キッシンジャーは当時米中国交正常化がなされれば中国が望む人工衛星写真を与えると提案した。この事件は中国が宇宙開発に本格的に取り組む契機になった。

半世紀が流れた2021年5月15日、中国国家航天局(CNSA)は中国初の火星無人探査船の天問1号がこの日午前7時18分に火星のユートピア平原南部の着陸予想地点に成功裏に着陸したと明らかにした。米国とソ連に続き世界で3番目に火星着陸に成功したのだ。中国は火星探査日程と共産党創設100周年に合わせ大々的な行事を準備しているという。習近平中国国家主席はこの日火星探査指揮部と関係者らに送った祝電で「あなたたちの勇敢な挑戦が中国を惑星探査分野で世界先進の隊列に上るようにした」と賛辞を送った。

天問1号は昨年7月23日に中国南部海南島の文昌発射場から打ち上げられ、約7カ月間の飛行の末に2月に火星軌道に進入した。その後軌道を回り観測写真を撮るなど資料を収集しながら火星着陸を準備してきた。天問1号は軌道船と着陸船、探査車をすべて備えている点で世界初といえる。2月に火星の赤道北側のクレーター「ジェゼロ」に着陸した米航空宇宙局(NASA)の火星探査船パーサビアランスは着陸船と探査車だけで構成された。

今回火星着陸に成功した中国の探査車「祝融」は車輪が6個ついた太陽光推進探査ロボットだ。中国の古代神話で最初の「火の神」を意味する祝融は高さ1.85メートル、重さ240キログラムで、1時間に200メートル移動できる。今後90日間かけて火星地表面探査任務を遂行し土壌と岩石のサンプルを採取する計画だ。

科学技術政策研究院(STEPI)のアン・ヒョンジュン研究委員は「天問1号の火星着陸成功は中国の宇宙崛起が本格的に始まったことを意味する」と話した。彼は「21世紀に入り世界の宇宙開発は米ソ宇宙競争から多極化体制に入った。最近では中国がソ連の地位を引き継ぐようにみられる」と説明した。続けて「韓国は米国中心の月有人探査プロジェクトであるアルテミスへの参加を優先的に考慮しながらも、現在は皆無である中国との宇宙協力も戦略的な観点からアプローチしなければならない」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「毛沢東の冷や汗」から49年ぶり、中国「火の神」が火星に着陸

    2021.05.17 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    15日に火星に着陸した中国の火星探査船「天問1号」の想像図。[写真 中国国家航天局]
    TOP