주요 기사 바로가기

韓経:「韓国、元気な高齢者の割合がOECD平均の半分」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.13 09:21
0
韓国の期待寿命は経済協力開発機構(OECD)の平均より高いが、健康年齢は下位圏であることが分かった。元気な高齢者の割合はOECD平均の半分に及ばなかった。

保健福祉部が12日、政府世宗(セジョン)コンベンションセンターで開かれた第1回「介護セイフティネットの革新フォーラム」で東国(トングク)大社会福祉学科のキム・ヒョンヨン教授はこのような統計値を提示し「韓国の高齢者は17年間元気でない状態で老後を送ることになる」と説明した。

キム教授が提示した資料によると、韓国の期待寿命は2020年を基準に82.7歳で、OECD平均である80.7歳より高かった。だが、元気な高齢者の割合は21.9%で、OECD平均(44.0%)の半分にも及ばなかった。OECD国家の平均健康寿命が74.3歳であることに比べ、韓国は男性が64.7歳、女性が65.2歳などで10歳近くの差が生じた。

キム教授は、このような問題を考えて公共介護を「ニューディール」の水準に拡大し、市場と非営利団体が自らの役割を果たすべきだと主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP