주요 기사 바로가기

韓国長官「ファイザー製、今月175万回分・来月には350万回分が入る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.12 08:54
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のファイザー製ワクチンが5~6月にかけて計529万回分が韓国に入る予定である中、具体的な日程が輪郭を表わした。今月まで175万回分が導入されて翌月には週ごとに受給される量が2倍に増え、計350万回分以上入る。アストラゼネカ(AZ)製ワクチンは当初翌月まで723万回分が入ることになっていたが、これより約170万回分多い890万回分が導入される。

11日保健当局などによると、ファイザー製ワクチンは5日43万6400回分が入り、12日43万8000回分が導入される。また、ほぼ同じ物量が引き続き導入される。6月からは物量が小幅に増える。

このような計画はこの日、チョン・ヘチョル行政安全部長官がメディアとのインタビューで明らかにして公開された。チョン長官は中央災害安全対策本部第2次長を務めている。

その間、保健福祉部と疾病管理庁などワクチンの導入と接種計画主務部署は秘密維持協約を根拠にして具体的な需給計画について明らかにしなかった。毎週水曜日にファイザー製ワクチンの一定物量が入ってくるという程度だけを明らかにし、今月から175万回分物量が4週間にわたって導入され、6月354万700回分など計529万7000回分が入ってくるだろうと知らせた。

アストラ製は5月第2週目に59万6000回分を皮切りに、翌月まで890万回分が入る計画だ。

3日、イ・ギイル福祉部保健医療政策室長はブリーフィングで「5月に相当量を受けることにした」としつつも「何万ドースになるかを明らかにしたいが、製薬会社との関係で秘密維持協約になっているので申し上げることができないということを了承してほしい」と話した。

この日、チョン長官のインタビュー以降、保健当局は「供給日程および物量は製薬会社との協議後に発表することができる」として「これに反するとき、供給支障などペナルティがあり得るため、明らかにすることができないという点を了承してほしい」という立場を明らかにした。インタビューを通じて供給日程を明らかにしたチョン長官が製薬会社との秘密維持協約を違反したとみられるかとの質問には「秘密維持協約上、用心深い部分で確認が難しい」と明らかにした。中央対策本部の首脳部であるチョン長官が会社との秘密維持事項を事前調整なしに発言したとみられて論議が予想される。

これを受け、福祉部中央事故収拾本部関係者は「行政安全部長官の発言は秘密維持協約に反する可能性がある。該当内容に対しては行政安全部に流れてはならない内容だったと警告した」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国長官「ファイザー製、今月175万回分・来月には350万回分が入る」

    2021.05.12 08:54
    뉴스 메뉴 보기
    チョン・ヘチョル行政安全部長官
    TOP