주요 기사 바로가기

CNN「バイデン政府、北朝鮮にワクチン支援を検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.12 07:18
0
「新型肺炎ワクチン外交」に拍車をかける米国のジョー・バイデン行政府が北朝鮮にワクチンを支援する方針を検討しているとCNNが11日、報じた。ワクチン支援が北朝鮮を核交渉のテーブルに呼ぶテコになるか様子を見守るという意味だ。

CNNは複数の米高官を引用して「バイデン行政府が人道的レベルで北朝鮮にワクチンを支援する可能性を開けている」と伝えた。バイデン行政府は北朝鮮が新型肺炎パンデミックが終わるまで米国に挑戦できないものと予想し、このためにワクチン外交が北朝鮮との初期関係で呼び水になるものと期待すると前・現職役人たちが伝えた。

戦略国際問題研究所(CSIS)のスミ・テリー上級研究員は「ワクチン外交は(米国と北朝鮮の)膠着状態を破ることができる容易な手段」とし「バイデン行政府が制裁解除のために可能なことが多くないため、北朝鮮に提供する他のインセンティブを探るべきだ」と話した。また「これは北朝鮮がワクチンにどれくらい切迫しているかにかかっている」と説明した。

人道主義的アプローチだけは制裁緩和に固執する北朝鮮を交渉のテーブルに呼ぶことができないという懐疑論も少なくない。北朝鮮専門家であるMITのヴィピン・ナラング教授は「相当な提案をしても金正恩(キム・ジョンウン)氏が米国の支援を受け入れないだろう」とし、「中国がすでに北朝鮮のエリート層にワクチンを静かに支援したかもしれない」と話した。バイデン行政府の高官は「北朝鮮を支援する場合には住民たちにワクチンが到達するかをモニタリングする過程が伴わわれるべきだ」とし、「北朝鮮は韓国の支援提案も拒否した」と指摘した。北朝鮮の新型肺炎状況がどの程度なのかも不明だ。CNNは北朝鮮に対するワクチン支援案はバイデン行政府のワクチン外交という大きな絵の一部分に過ぎないと評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP